化学結合と分子の構造―定性的な分子軌道による理解

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 246p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784061543362
  • NDC分類 431.12
  • Cコード C3043

目次

第1章 原子価結合法(原子価殻電子対反発則)(原子の電子配置;VSERP則(原子価殻電子対反発則)の実例
VSEPR則の原理 ほか)
第2章 共有結合性の典型元素化合物の分子軌道(H2分子;A‐A分子(等核二原子分子)
A‐B分子(異核二原子分子) ほか)
第3章 遷移金属錯体の分子軌道(直線構造のML2錯体;屈曲構造のML2錯体;平面三角形構造のML3錯体 ほか)

著者等紹介

三吉克彦[ミヨシカツヒコ]
理学博士。1973年広島大学大学院理学研究科化学専攻修了。広島大学大学院理学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。