講談社現代新書<br> 倫理という力

個数:

講談社現代新書
倫理という力

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2022年06月30日 15時41分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 187p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784061495449
  • NDC分類 150
  • Cコード C0212

内容説明

なぜ人を殺してはいけないのかわからない子供があちこちにいる今、真に大切なことは何か。人間が本来持っている「倫理の原液」をとり戻すための根源的な提案。

目次

第1章 してはいけないことがある
第2章 “人様”という考え方は重要である
第3章 約束はいかに守られるべきか
第4章 宗教にはどう対するか
第5章 ものの役に立つこと
第6章 在るものを愛すること

著者等紹介

前田英樹[マエダヒデキ]
1951年、大阪生まれ。中央大学大学院文学研究科修了。現在、立教大学文学部教授。専攻はフランス思想。主な著書に『沈黙するソシュール』『小津安二郎の家』―書肆山田、『小林秀雄』―河出書房新社、『在るものの魅惑』―現代思潮社、『セザンヌ 画家のメチエ』―青土社―などがある
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

テトラ

29
今年度で退官される先生が最後に薦めて下さった本。私は先生の最後の教え子。平易な文章でとても大切なことについて書かれていると先生はおっしゃった。大学を卒業しても、結婚しても、子供ができても、歳をとっても、ずっと持っていて読み返しなさい、と。何のために知性はあるのか。何のために生きているのか。哲学の徒として倫理という力のことを考え続けていきたい。「トンカツ屋のおやじ」にならなくてはいけないんですよね、先生。ずっと大切にします。2016/01/24

とし

8
少し古い本だが、論理的に倫理を語る。2020/08/28

yo

5
何言ってんのか全然わかんない。でもそれで良い。語り得ぬものに対しては沈黙しなければならない、というレベルの話を必死に語って見せようとすれば、自ずと表現は難解になる。比喩も増える。「何か」「力」といった曖昧な言葉も増える。そしてニュアンスで伝えるしかない。伝わっていれば語り得たと言えるだろう。そのニュアンスを感知したものとして、「道徳は善悪を規定しない」「道徳を生み出すものは論理で説明できない『倫理の原液』である」と「生きる目的は在る物を愛する」ということだけ。 読んでいて会津十訓を思い出した。2015/05/06

H

2
何度も読みたい。難しいこと、痛いこと、わからないこと、の向こうにしか、繋がっていかない、のかもしれない。2015/02/27

e_ntyo

1
高校の国語の教科書に載っていてほしい感じの作品 まさに倫理という力こそ、Pandemicを人が乗り越えるために必要な力の一つだと思った2021/04/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/24723

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。