講談社現代新書<br> 知能指数

講談社現代新書
知能指数

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 198p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784061493407
  • NDC分類 371.7
  • Cコード C0211

内容説明

「頭のよさ」とは何なのか。それは測れるものなのか。知能検査の成立、その後の歪んだ歴史、荒唐無稽なエピソードの数々―IQ神話を徹底検証し、知能観の見なおしを迫る。

目次

第1章 身近なIQ
第2章 知能検査の成立
第3章 歪められたIQ
第4章 差別と偏見と
第5章 IQ神話を超えて

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

金吾

7
△なんとなく言いたいことはわかりますが、なぜそうなのかはわからなかったです。終盤は流してしまいました。動物の知能指数は面白かったです。2020/08/15

気まぐれ天使

0
2013/07/24

hikaru

0
知能指数(IQ)というと、その語句から客観的な数値であるような印象を受けるが、IQとは測定する方法や環境(時代や文化)に依存し、そもそも存在するかどうかもわからない量を測ったものである。知能検査は歴史的には、児童の分類(援助が必要かどうか)のためにビネが考案したものだが、「知能」が極めて人間の関心を引く対象であるため、優生学や移民政策などの排他主義に利用され、謂れのない差別や階級を生み、今日でもそのような誤解や偏見が続いている。本書はそういった「IQ神話」を批判し、知能観の見直しをコンパクトに提示している2013/05/06

偽教授

0
門外漢が書いた素人向けの本。IQ批判が主題だが、これを再批判的に読解できないようでは専門家はやってられません2012/07/28

fn23

0
★★★★☆ IQの成り立ちと何を意味し何を意味しないか、が良く分かる。2010/02/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/91734

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。