講談社現代新書<br> 哲学入門一歩前―モノからコトへ

個数:
電子版価格 ¥648
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社現代新書
哲学入門一歩前―モノからコトへ

  • 広松 渉【著】
  • 価格 ¥820(本体¥760)
  • 講談社(1988/09発売)
  • クリスマス ポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 14pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年12月17日 04時11分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 221p/高さ 18X11cm
  • 商品コード 9784061489165
  • NDC分類 100
  • Cコード C0210

内容説明

〈実体(モノ)〉的三項図式にかわり、現相世界を網のように織りなす〈関係(コト)〉的存立構制、その結節としてたち顕れる「私」とは、どのようなものか?量子論からイタリアの戯曲まで、多彩なモデルで素描する、現代哲学の真髄!

目次

事物に「実体」はない(事物の本体を探ると;自然科学の「物体」像;「量子力学」と原子論;物理的「実在」と認識)
認識は「写実」ではない(写像的知覚観の破綻;現象学の雄略と頓挫;現相的世界への定位;観測と実在相の構成)
本質はどう仮現するか(個別存在と普遍概念;本質認知の擬直覚性;意味的本質の存立性;2重の物象化的錯認)
事態は斯様に妥当する(「所与‐所識」と事態;肯定否定と判断対象;人格的主体の如実相;事態の自他への妥当)