講談社現代新書<br> スペース・ツアー

  • ポイントキャンペーン

講談社現代新書
スペース・ツアー

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 244p/高さ 18X11cm
  • 商品コード 9784061488618
  • NDC分類 538.9

内容説明

果てしない宇宙への旅立ちは、人類の夢だ。奇抜で壮大なスケールをもったアイデアを紹介しよう。究極の輸送機関、軌道エレベーター。火星の温室化と金星の日傘によるテラフォーミング作戦。反物質ロケット、レーザ帆船で恒星間飛行。太陽をすっぽり包む新世界、ダイソン・スフィア。ポスト・スペース・シャトルから「ワールド・シップ」エクソダスまで、科学的バックボーンにもとづき、未来の宇宙進出計画を豊富なイラストで紹介。

目次

1 軌道輸送機関の将来(新概念シャトルの数々;レーザー・シャトル;電磁加速ランチャー・システム;テザー衛星と「スカイフック」;軽便スカイフック「オービタル・リング・システム」)
2 太陽系文明の展望(月面開発の将来;火星開発計画の展望;金星テラフォーミング作戦;巨大惑星の世界;太陽系辺境空域)
3 恒性間宇宙への道(近未来の主流―核融合ロケット;究極の推進プラント―反物質ロケット;恒星間レーザー帆船;時空の果てをめざす―恒性間ラム・ジェット)
4 地球の揺籃をのがれて(カルダシェフ型文明・タイプ2;地球最期の日―その二つのシナリオ;技術文明の終局的形態)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ゴリゾウ

0
もし、軌道上にいる宇宙船が、長い竿を繰り出すと、いずれどちらかが「上」を向き、どちらかが「下」を向く。地球から見れば、非常に縦長の人工衛星が、まわっている形になる。デザー衛星という。(「BOOK」データベースより)#5461992/01/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/392009

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。