講談社青い鳥文庫<br> パスワード怪盗ダルジュロス伝―パソコン通信探偵団事件ノート〈19〉

電子版価格 ¥605
  • 電書あり

講談社青い鳥文庫
パスワード怪盗ダルジュロス伝―パソコン通信探偵団事件ノート〈19〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B40判/ページ数 283p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784061487413
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8293

出版社内容情報

パリに着いたネロを待ち受けていたのは、伝説の怪盗ダルジュロス。謎と冒険がいっぱいのパスワードシリーズ、海外編・ 第4弾。『龍(ドラゴン)伝説』『魔法都市』『幽霊ツアー』に続く「パスワード」海外編
雪のフランス、謎とパズルのラビリンス!レイさんが大活躍!!!「ダルジュロス」の謎と秘宝をめぐる、わくわくストーリー!

「パスワード」ヨーロッパ編ひさびさ登場!ネロ=レイさんは、紅茶博士・田中一茶くんとともに、冬のパリにやってきた。アルヌール家の邸宅に滞在し、つかれた心をいやす予定だったのだが、名探偵は事件に出会うもの。館には代々伝わる秘宝をねらった怪盗からの予告状が届いたばかりだった。ダルジュロスとは?秘宝とは?謎とパズルとロマンいっぱい、名探偵レイさん、大活躍!

親愛なるレイさんへ
1・クロワッサンとエッフェル塔
2・聖ダルジュロス修道院の惨劇
3・雪合戦異変
4・純金の紋章
5・きこえなかった声
6・ドクロの隧道
あとがき


松原 秀行[マツバラ ヒデユキ]
著・文・その他

梶山 直美[カジヤマ ナオミ]
著・文・その他

内容説明

「パスワード」ヨーロッパ編ひさびさ登場!ネロ=レイさんは、紅茶博士・田中一茶くんとともに、冬のパリへやってきた。アルヌール家の邸宅に滞在し、つかれた心をいやす予定だったのだが、名探偵は事件に出会うもの。館には代々伝わる秘宝をねらった怪盗からの予告状が届いたばかりだった。ダルジュロスとは?秘宝とは?謎とパズルとロマンいっぱい、名探偵レイさん、大活躍!小学上級から。

著者等紹介

松原秀行[マツバラヒデユキ]
1949年、神奈川県に生まれる。早稲田大学文学部卒業後、フリーライターに。さまざまなジャンルで執筆する一方で、児童文学を書きつづける

梶山直美[カジヤマナオミ]
静岡県に生まれる。1976年、18歳のとき「別冊マーガレット」でデビュー。以来、人気漫画家として、女性誌の連載、児童誌などを手がけ、現在も活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

8
パスワードシリーズを読んでいたのは小学生の頃。5、6年あたり。中学生になる頃にちょうど中学生編がスタートし、私はそのタイミングで続きを読むのをやめてしまった。レイが好きで、レイの事件簿の方を数年前に読み、その流れでレイが主人公の本作を購入、数年積んで今日ようやく読んだ。昔と比べるとトリックやパズルを謎解き前に見抜けるようになったけれど、やっぱり楽しい。わくわくする。続きも随分出ているようだし、これを機に追おうかしら。とりあえず始めにロンドン編を読み返したい。2019/06/24

ほたる

5
幽霊都市の裏で起こっていたこと。名探偵レイさんのロジカルシンキングが光る。関係者を一堂に集めての謎解きがカッコ良い。ラストは覚えていて、この続きが読みたかったんだよなぁと思ってはいた。いよいよ中学生編へ。2021/07/19

りつか

4
少し間が空いてしまっていた。今回,解き方はわからないけど答えはわかる…みたいな謎があったりして,結局作中で解き方が出てきたところで「あー,そうやって解けば答えに行きつくのかー!」となったりしていた。最後の手紙がめちゃくちゃ気になるので,続きも読まねば…。2015/03/13

Emma

3
レイのパリ編。昔読んでたから記憶が曖昧だけど、多分幽霊ツアーのときのレイさんについて、かな?2015/05/11

かまぼこ

3
今回は電子探偵団はほぼ出てこなかったけど楽しめた。レイさんさすが大人。落ち着いてたなぁ。事件は割と先が読めてしまったけど、アガートと一茶が初々しくて良かった。でもやっぱり電子探偵団ではっちゃけるみんなの方がすきだな。2014/10/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/469279

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。