講談社青い鳥文庫
この子だれの子

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B40判/ページ数 221p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784061487390
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8293

出版社内容情報

お待たせ!ミステリーの女王 宮部みゆき 青い鳥文庫 第3弾!
はらはらドキドキしたあと、もれなく幸せな気持ちになれる、そんな4つの短編です。

激しい雷雨の夜、留守番をするぼくの前にあらわれた女性は赤ん坊を抱いていた。葉月ちゃんというその赤ちゃんはぼくの妹だという。このぼくに兄弟がいる可能性はあるのだろうか……?表題作「この子だれの子」ほか、全4編を収録。あっと驚くどんでんがえしに、ちょっぴりしんみり優しいラスト。宮部ワールド炸裂の短編集で幸せな気分に!
――『我らが隣人の犯罪』(文春文庫)改題――




宮部 みゆき[ミヤベ ミユキ]
著・文・その他

千野 えなが[センノ エナガ]
著・文・その他

内容説明

激しい雷雨の夜、留守番をするぼくの前にあらわれた女性は赤ん坊を抱いていた。葉月ちゃんというその赤ちゃんはぼくの妹だという。このぼくに兄弟がいる可能性はあるのだろうか…?表題作「この子だれの子」ほか、全4編を収録。あっと驚くどんでんがえしに、ちょっぴりしんみり優しいラスト。宮部ワールド炸裂の短編集。小学上級から。

著者等紹介

宮部みゆき[ミヤベミユキ]
1960年東京都生まれ。’87年『我らが隣人の犯罪』(文春文庫)でオール讀物推理小説新人賞を受賞。’89年『魔術はささやく』で日本推理サスペンス大賞、’92年『龍は眠る』で日本推理作家協会賞、『本所深川ふしぎ草紙』で吉川英治文学新人賞、’93年『火車』(以上新潮文庫)で山本周五郎賞、’99年『理由』(朝日文庫)で直木賞を受賞

千野えなが[センノエナガ]
千葉県在住。’05年『飾られた記号―The Last Object』(電撃文庫)の挿絵でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミーコ

49
『我らが隣人の犯罪』と『この子だれの子』が良かったです。あとがきを読んで 我らが・・・は宮部さんのデビュー作だと知りました。隣の部屋で散歩もしないスピッツを飼われたら五月蝿くてノイローゼになりそう… でも実際こんな事って犯罪やん❕とドキドキしながら読みました。『この子だれの子』は考えさせられるお話でしたが、これは児童書には ちょっと。。。 大人向けのお話だと思いました。でも流石 宮部みゆきさん。どれも面白かったです。 2017/09/19

サラダボウル

15
日常に忙殺されそうな時、一寸ほっとできる一冊。表題作の「この子だれの子」は、ドラマ化しても楽しそう!とワクワクドキドキしながら読み進める。両親不在の雷雨の夜、「きみのお父さんの子よ」と女性が現れる。少年は、父はこどもができない体質であることを本当は知っている。赤ちゃんの愛らしさ。ドラマ化するなら、うーん。少年:加藤清四郎くん。女性:倉科カナ、過去のシーンだけ出てくる父:中村倫也。あと、アンジャッシュ児島‥。とか勝手に想像して楽しんでると、最後不意に涙がこぼれてしまう。2020/09/26

☆キコ☆

14
好きな本の絵を描いた人と同じ人が絵を描いていたので読んでみました^^*(分かりにくくてすみません・・)初・宮部みゆき先生です!!絵も可愛くてとても読みごたえがあり、おもしろかったんですが・・・児童書にしては少し難しいのかな・・・?と感じました。でも、本好きな小学校高学年なら読めると思います。お話の中では、「サボテンの花」と「我らが隣人の犯罪」が印象的でした(^▽^*)//「サボテンの花」に出てくる生徒達。大好きです!!私もこんなことやってみたいな~と思いました。2013/06/19

星野

14
図書室にて。宮部さんらしい、大人な毒っけたっぷりミステリー短編集。『サボテンの花』にほろり。これはいい。他も普通に楽しめたけど、これ児童にすすめていいかどうか…ってかんじだなぁ(´▽`)2013/01/29

ぶんこ

13
児童書というのには疑問を持ちました。 表題にもなった「この子だれの子」、「我らが隣人の犯罪」など、子供に読ませていいのか不安になりました。 大人が読むには、とても面白い内容でした。2014/03/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/538384

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。