• ポイントキャンペーン

青い鳥文庫fシリーズ
青い宇宙の冒険

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B40判/ページ数 333p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784061486614
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8293

出版社内容情報

想像力の限界を超えた大冒険!

松原秀行さん大絶賛!「ともかく一気に読み終えたぼくは、『おもしろかった!すごかった!感動した!』と、大大興奮のうちに本を閉じました。そして。それで終わりではなかったのです。」――<解説より>

夜の11時になると、まもるの家の下から聞こえてくる怪しい震動音!古文書などから、こうじが丘では、この不思議な現象が何百年も前から60年ごとにおきていたことを知ったまもるたちは、その怪現象の中心地に調査にむかう。古い子守歌どおりのねじれた松葉、強い磁性をおびたくぎ……謎はますます深まっていく。壮大なスケールのSF冒険物語!

小松 左京[コマツ サキョウ]
著・文・その他

安倍 吉俊[アベ ヨシトシ]
著・文・その他

内容説明

夜の11時になると、まもるの家の下から聞こえてくる怪しい震動音!古文書などから、こうじが丘では、この不思議な現象が何百年も前から60年ごとにおきていたことを知ったまもるたちは、その怪現象の中心地に調査にむかう。古い子守歌どおりのねじれた松葉、強い磁性をおびたくぎ…謎はますます深まっていく。壮大なスケールのSF冒険物語。小学上級から。

著者等紹介

小松左京[コマツサキョウ]
1931年、大阪に生まれる。京都大学卒業。雑誌記者など多くの職業を経て、作家となる。SF作家の草分け的存在であり1964年に発表した『日本アパッチ族』で、流行作家としての地位を不動のものとした。『日本沈没』は超ベストセラーとなり、日本推理作家協会賞を受賞。そのほか、日本SF大賞を受賞した『首都消失』、『復活の日』、『虚無回廊』など多くの秀作を発表しつづけている

安倍吉俊[アベヨシトシ]
1971年生まれ。東京芸術大学卒業。イラストレーター、まんが家。アニメのキャラクター原案、原作などでも活躍中。新進気鋭のアーティストとして知られ、海外でも非常に評価が高い
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

六畳リエ

6
1970年に刊行されたジュブナイルSF小説の復刻版。60年ごとに発現する怪異を調べると地下に謎の空間を発見し、そこで次々と不思議なことに巻き込まれていくお話です。40年も前に書かれた作品ですが、年号や時代背景以外は今でも全く違和感ありません。子供も大人と同等に扱われる設定、それでいて子供を護ろうとする大人。命がけの冒険ながら、希望の持てる読後感がすごく良かった。 未来に残したい名作。2010/06/07

ender-san

3
正直、昔の児童書のレベルの高さにびびったというか、かなりのものです。超空間の合わせ鏡のアイデアにびっくり。書かれた時代を感じさせないものがあります。

kouki_0524

1
子供に読んでもらおうと思ったが、先に自分で読んでみた。ただのジュブナイル小説ではなく、かなり本格的なSFで驚いた。小学生には中盤以降やや難しいかもしれないが、それは著者も断っている。面白いので小学生でも読み切れるかもしれない。2017/02/28

トム

1
宇宙の本を読まなくちゃいけなくて、適当にとった本だけど、面白かった。1970年代って最初書かれていて、そんな古い話に付いていけるかなって思ったけど、全然古めかしくない。今読んでもすんなり頭のなかに入ってくる‼宇宙を救うために偶然であった6人が意思の力で救うため奮闘する。文庫本一冊分で長すぎず、短すぎずでちょうど良い。最後はお決まりの感じがしたけど、ワクワクしながら読めた‼2016/08/12

太郎

1
小松左京の作品は大体読んだのですが、この作品は飛び抜けていると思います。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/439429

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。