講談社青い鳥文庫<br> パスワード魔法都市―パソコン通信探偵団事件ノート〈10〉

電子版価格 ¥550
  • 電書あり

講談社青い鳥文庫
パスワード魔法都市―パソコン通信探偵団事件ノート〈10〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B40判/ページ数 333p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784061485662
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8293

出版社内容情報

香港のつぎは電子探偵団はロンドンで大活躍ロンドンにやってきたネロと5人の探偵団。そこで待っていたのは、謎のドラゴン出現と、アイザック消失という怪事件。その事件で、伯爵のおそるべき野望も発覚    小学上級から

内容説明

香港で謎の男・伯爵の誘いをうけ、ロンドンへやってきたネロと5人の電子探偵団。そこで待っていたのはドラゴン出現という大事件だった!さらに、アイザック消失という怪事件も発生。伯爵との関係は?アーサー王伝説にまつわる秘密、しゃべるロウ人形、ミイラまで登場して、ロンドン編はスリル満点!伯爵のおそるべき野望にせまる、マコトたちの大活躍をお楽しみください。小学上級から。

著者等紹介

松原秀行[マツバラヒデユキ]
1949年、神奈川県に生まれる。早稲田大学文学部卒業後、フリーライターに。さまざまなジャンルで執筆する一方で、児童文学を書きつづける

梶山直美[カジヤマナオミ]
静岡県に生まれる。1976年、18歳のとき「別冊マーガレット」でデビュー。以来、人気漫画家として、女性誌の連載、児童誌などを手がけ、現在も活躍中
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ユメ

34
電子探偵団もついに海外進出。霧のロンドンに出現するドラゴン、アイザックの消失、その背後には歴史と最先端技術を融合させた壮大な計画があった。このとんでもない計画に果敢に立ち向かう電子探偵団の5人が頼もしい。ネロでさえわからなかったパスワードをマコトが解いてみせるのには、時を超えて受け継がれる探偵としての才能を感じて胸が熱くなった。一方、ファイルの中身を見たネロの心中は察するに余りある。そんな中でも、ロンドンでも絶好調なダイの大食漢ぶり(カトーさんとの相性もばっちり!)や、まどかの天然ぶりには和まされた。2018/04/16

北風

29
シリーズも10作目くらいになると、スケールが大きくなりますね。今度のロケ地はイギリスだよ!な感じ。シリーズでもかなり荒唐無稽な作品ですが、やはりジュニア向けは細かい矛盾は無視して、純粋に楽しまなきゃいけませんね。2016/01/01

ほたる

10
前巻からの引き続きレイさんに焦点が当たっている。小学生のときにはマコトたち海外旅行なんて凄いなぁと。今読むとレイさんの心情にこちらも涙が流れてしまった。パスワードを開いた先の展開にハッとさせられる。こんなに重く苦い結末だったとは…マザーグースの見立ては定番。2021/02/07

5
つい最近ロンドンへ行ってきたばかりなので、とても楽しめた。伯爵とドラゴン、魔法都市……ストーリーはミステリだけど、出てくるキーワードがファンタジックでいちいちときめく。『龍伝説』の続編。お馴染み、アイザックくんも登場。外伝『幽霊ツアー』、手に入れねば。シリーズ中でレイさんの過去はいくらか明かされているけれど、『龍伝説』に引き続き、悲しすぎる。まだ過去じゃない。傷跡は生々しい。パスワードシリーズ、何冊か読んでない作品があるから揃えようかな。2016/05/27

てんとうむし

3
龍伝説からの魔法都市。やっぱり面白い。この後日談も面白かった記憶! 小学生当時、ロンドンってあんな所だろうか、こんなところだろうか、ホームズの世界とホグワーツの世界を合わせて想像してた....... 縁あって、一昨年にブリテン島初上陸! 去年、ロンドン観光出来た! その時にこの本も思い出したんだよな〜〜〜 そして、ラストのマコトとみずきのシーン!絶対に忘れない!とってもよく覚えてる2018/04/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/540178

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。