講談社青い鳥文庫<br> 消えた赤ちゃん救出大作戦!―写楽ホーム凸凹(デコボコ)探偵団〈1〉

電子版価格 ¥540
  • 電書あり

講談社青い鳥文庫
消えた赤ちゃん救出大作戦!―写楽ホーム凸凹(デコボコ)探偵団〈1〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B40判/ページ数 269p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784061485631
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8293

内容説明

チビの正太とバクチの天才・勇、それに優等生の千佳。小学6年生の3人が、写楽ホームにすむお年寄り、軍平さん(元刑事)と乙松さん(元?)を助っとに、赤ちゃんが連続して病院から消えるなぞに挑戦する。ここに史上もっとも凸凹な探偵団が誕生した!シリーズ第1弾。小学上級から。

著者等紹介

那須正幹[ナスマサモト]
1942年広島県に生まれる。島根農科大学林学科卒業。児童書界きってのベストセラー作家。「ズッコケ三人組」シリーズ(ポプラ社)は、40巻を超え現在も続くロングシリーズとなっている。また2000年には、『ズッコケ三人組のバック・トゥ・ザ・フューチャー』で第38回野間児童文芸賞を、「ズッコケ三人組」シリーズで第23回巌谷小波文芸賞を受賞した

関修一[セキシュウイチ]
1946年東京都生まれ。アニメデザイナー。日本デザインスクールグラフィックデザイン科で学んだ後、アニメ制作に携わる。テレビシリーズ「カムイ外伝」で初めてキャラクターデザインを担当。以後多数のアニメーションのキャラクターデザインに携わる
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

那須正幹の書き下ろしユーモア・ミステリー授業で老人ホームを慰問した勇と正太。やる気に乏しい二人は、サボろうとホームの屋上に上がる。ところが、そこには、花札で遊んでいる老人の二人組がいて……。   小学上級から