講談社青い鳥文庫<br> ねらわれた街―テレパシー少女「蘭」事件ノート

電子版価格 ¥550
  • 電書あり

講談社青い鳥文庫
ねらわれた街―テレパシー少女「蘭」事件ノート

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B40判/ページ数 237p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784061485013
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8293

出版社内容情報

野間児童文芸賞作家が学園ミステリーに挑戦中2の蘭の頭の中に、勝手に語りかけてくるふしぎな能力をもった転校生の翠。彼女の出現で学園と街に事件が続出。テンポのよい学園ライト・ミステリー。 小学上級から

内容説明

蘭は超能力を持っている。といっても、本人にその自覚はあまりない。ところが、転校生の翠と知りあって以来、背すじがぞっとするような視線を感じたり、謎の怪人におそわれたりと、おかしなことがおこったため、のんきな蘭も、ついに調査にのりだした。事件のむこうに見えた真実とはなにか?そして超能力対決の結末は?蘭とユニークな仲間たちが活躍するSFミステリー。小学上級から。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

へくとぱすかる

39
テレパシーとは言っても、物や心を自由にあやつるほどの悪意をもった敵が存在するということになると真剣に怖い。ラスト近く、蘭と翠が屋上で敵と対決するシーンの会話には、とうてい中学一年生の話す言葉とは思えない迫力を感じた。1999年の第1刷。カバーイラストが別ヴァージョン。シリーズ化されているとは知りませんでした。エンクミやジュディマリなどの話題に18年の歳月を感じます。2016/09/16

ひなた

16
うーん。あさのさんの本はほとんど読んでいますが、なんか入り込めなかったな〜。シリーズ的には9巻まで続いているみたいだから、もう少し読んでみれば、面白くなるのかも。2015/01/31

チアモン

13
今度はあさのさんのこのシリーズを読もうと手に取った。小中学生向けの作品だが、とても読みやすく深い内容だと思った。私も昔、超能力を持っていたら、いろんなことに使えて楽しそうだなぁと思っていたこと・・・あります。2015/03/17

はるき

12
青い鳥文庫らしい名作。少し昔の作品だが大好きだった。テレパシー能力の葛藤何か吹っ飛ばす家族と仲間の絆。ワクワクするしドキドキする。2015/12/23

acesmile@灯れ松明の火

10
うちの長男(中1)が読みたいと言ってたので借りてきた。これってNHK(アニメ)でやってた「テレパシー少女 蘭」じゃん、って気づいたのは読み始めてからw蘭のあっけらからんとした性格と翠の素直になれない性格がおもしろくて一気に読んだ。他の人物描写もうまく、自分の中でイメージが作りやすかった。読書嫌いの中学生におすすめ。 2009/10/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/517231

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。