講談社青い鳥文庫<br> いちご―from Ichigo〈4〉

電子版価格 ¥606
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

講談社青い鳥文庫
いちご―from Ichigo〈4〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B40判/ページ数 219p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784061484412
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8293

出版社内容情報

光への好意が初恋へと変わり、悩むいちご。光が好きだとはっきり意識するいちご。だが、気持を伝えられずにいるうちにそれぞれが思いちがいで、二人の仲はぎくしゃく。そんなとき、山火事が起きて……。 小学上級から

内容説明

いちごのお母さんが退院し、いちごもやっとひと安心。3学期をむかえたクラスには、東京から転校生がやってきました。家庭でも学校でも、ようやくいちごの心に平静さがもどってきたように思えたのもつかのま、こんどは光との仲がうまくいきません。そんなとき、いちごたち一家をショックなできごとがおそい…。好評“いちご”シリーズの第4作。小学上級から。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あーさん★まおりゅうにハマってるよ!(≧▽≦)

12
火事とヤキモチ?(; ̄Д ̄)?2017/11/12

Natsumi

3
駅前

キキ

1
大きな災難に遭っても、心を一つにしていちご•光君一家が再出発するシーンがとても良かった。確か中学生くらいの時はじめてこのシリーズを読んで、友達と光君かっこいいよねー!と言い合っていたなぁ。2022/06/08

宇佐菊

0
山の冬。いちごの父ちゃんらもうちょい空気読めよなとか、いい年なんだから娘のことも考えてもうちょっとうまいこと立ち回れよと思ってしまう。対象年齢を外れた感ありありである。後半に起きる大きな出来事で、いちご家の人生設計が大きく狂ったのではと不安になったのだけど、考えてみれば保険くらい入っているのだろう。 ああいうことになってしまったけど雪の描写が好きで、雪が降る度にああ《白い毛布》だ、と思う。そういう形で私の中に息づいている本。

RC

0
再読 火事の場面の印象が2011/06/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/416249

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。