星海社新書<br> キヨミズ准教授の法学入門

個数:

星海社新書
キヨミズ准教授の法学入門

  • 提携先に4冊在庫がございます。(2020年12月02日 09時21分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 291p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784061385276
  • NDC分類 321
  • Cコード C0232

内容説明

山の上の高校に通う2年生の僕は、放課後に寄り道した喫茶店「赤ひげ小人」で、近所にある港湾大学のキヨミズ准教授と出会う。大学で「受講生0人の法学入門」を受け持つ少しヘンなその先生は、お願いもしてないのに、法的思考のすばらしさを高校生相手に嬉々として語り出して―。「高度な内容を分かりやすく」を信条に首都大学東京で教鞭をとる若手憲法学者が、進路に迷う高校生や法学に拒絶反応を示す文学部生にも分かるように、物語の手法を用いて生き生きと、そして最高に面白く語る「日本一敷居の低い法学入門」。

目次

Prologue 疲れる通学路から始まる物語
1 赤ひげ小人のハン社会人たち
2 急坂の上の動物園で社会科学を語る
3 清かにわたる風の学校に、現代日本法の講義が来る
4 青春の文化祭に、法解釈の神髄を見た
5 サマーナイトオープンキャンパスで法学教育を語る
6 話は古代ローマにさかのぼる
Epilogue 重力の存在を忘れるほど楽しい

著者等紹介

木村草太[キムラソウタ]
憲法学者、首都大学東京准教授。1980年横浜市生まれ。中学2年時に日本国憲法を読んで不思議な開放感を覚え、法律家を目指す。東京大学法学部進学後、憲法学者を志す。同大学法学政治学研究科助手となり、平等・非差別原則をテーマに論文を執筆。これを基に『平等なき平等条項論』(東京大学出版会)を発表する。首都大学東京では、憲法や情報法の授業を担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「法学」の根本的な考え方とは何か? 首都大学東京の若手人気准教授による、文学部生にもわかる法学概論、誕生!「ほら、これが法的三段論法ですね。美しいでしょう」
「えっ? あ、はい……」
山の上の高校に通う2年生の僕は、放課後に寄り道した喫茶店「赤ひげ小人」で、近所にある港湾大学のキヨミズ准教授と出会う。大学で「受講生0人の法学入門」を受け持つ少しヘンなその先生は、お願いもしてないのに、法的思考のすばらしさを高校生相手に嬉々として語り出して――。
「高度な内容を分かりやすく」を信条に首都大学東京で教鞭をとる若手憲法学者の木村草太准教授が、進路に迷う高校生や法学に拒絶反応を示す文学部生にも分かるように、物語の手法を用いて生き生きと、そして最高に面白く語る「日本一敷居の低い法学入門」誕生!

木村 草太[キムラ ソウタ]
著・文・その他

石黒 正数[イシグロ マサカズ]
イラスト

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件