星海社新書<br> 自分でやった方が早い病

個数:

星海社新書
自分でやった方が早い病

  • ウェブストアに44冊在庫がございます。(2017年06月25日 16時30分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 195p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784061385184
  • NDC分類 336.4

内容説明

「まわりの人への任せ方がわからない」「いい仕事があがってこないから任せたくない」「教える時間がないから自分でやる」―。これが「自分でやった方が早い」という病。病が悪化すると、待っているのは“孤独な成功者”姿。「お金はあるが、つねに忙しくて、まわりに人がいない」「仕事の成功を一緒に喜ぶ仲間がいない」。それは本当に「幸せ」なのか?本書ではリーダーシップ研修のプロが、自らの失敗体験を交えながら「本当の任せ方」「人の育て方」を披露。

目次

第1章 病が進行すると「孤独な成功者」になる(「孤独な成功者」になる;仕事を抱え込み、病気も抱え込む ほか)
第2章 病を克服すると「幸せな成功者」になれる(1人の100歩ではなく、100人の1歩で進むことができる;まわりがデキる人だらけになり、大きな仕事ができるようになる ほか)
第3章 病の根本にある「自分さえよければ」という考え方(病の根本的な原因は、利己主義で仕事をしているから;「人のため」と言いながら自分の利益しか考えていない ほか)
第4章 「自分でやった方が早い病」への処方箋(まず痛い目に遭う;体質を改善しないと病は治らない ほか)
第5章 「自分でやった方が早い病」が再発しないために(我慢は長続きしない;人に動いてもらうには「己の生き様」が問われる ほか)

著者紹介

小倉広[オグラヒロシ]
経営コンサルタント。1965年新潟県生まれ。青山学院大学経済学部卒業後、株式会社リクルート入社。企画室、編集部を経て組織人事コンサルティング室課長に。2003年、株式会社フェイスホールディングスおよびフェイス総研代表取締役就任。リーダーシップ開発に特化したコンサルティングおよび教育研修を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

できる人ほど「自分でやったほうが早い」と思ってしまいがちだ。しかしそれは仕事を抱え込む病なのだ。本当の任せる技術を伝授する!

病の先にある「孤独な成功者」
「まわりの人への任せ方がわからない」「いい仕事があがってこないから任せたくない」「教える時間がないから自分でやる」――。これが「自分でやった方が早い」という病です。病が悪化すると、待っているのは“孤独な成功者”の姿です。「お金はあるが、つねに忙しくて、まわりに人がいない」「仕事の成功を一緒に喜ぶ仲間がいない」。それは本当に「幸せ」なのでしょうか?
本書ではリーダーシップ研修のプロが、自らの失敗体験を交えながら「本当の任せ方」「人の育て方」を披露します。仕事がデキるつもりでいても、成長がストップし、いつの間にか孤立してしまう恐ろしい病。特に30代以降のビジネスパーソン、必読です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件