講談社文庫<br> 脱線!たいむましん奇譚

講談社文庫
脱線!たいむましん奇譚

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 233p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784061362208
  • NDC分類 913.6

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

亮人

15
読友さんから頂いた本。ありがとう!さてヨコジュンのハチャハチャSFを集めた作品集。全篇に渡ってダジャレとナンセンスギャグの応酬でもうお腹イッパイ胸焼け全開www。SFのガジェットとしてはシッカリしたものを使ってるんだけど、ダジャレで茶化してみたりメタ視点からはぐらかしてみたり、正攻法ではいかない阿呆っぷりが楽しい。特に好きなのは「日本ちんぼ*」。「日本沈没」するのかと見せかけて、壮大なヴィジョンが最高にくだらないwww2014/07/25

ジロリン

13
間違えて感想を削除してしまったので、再登録…先日再読した、堀晃「マッドサイエンス入門」で度々ヨコジュン作品が”科学的な見地から”激賞されていたので「そうなのか?」と、本棚から発掘・再読。ハチャメチャ/お笑いSFだとばかり思ってたら、ハードSFだったんだ…と思って読もうとしたが、やっぱりとてもそんな風に読めない(笑) むしろ、素直に科学的な解釈をして読める堀晃に驚くw 「200XX宇宙の旅」のオチが見事にきまっていて、この短編集の中で一番好き。2015/08/31

カニック

5
「くだらない!」が褒め言葉になってしまうヨコジュンのHHSF。相変わらずくだらない!2018/12/05

KANEO

5
ダジャレや下ネタ満載のハチャメチャSFコメディ短編集。くだらな過ぎておかしくて楽しく読めたけれども、ずっと同様のノリが続くので後半少々食傷気味になったのも正直なところ。一作くらい真面目な作品を収録しても逆に面白かったかも。 でもこういう作品はおバカで好き。たまにこういう余計なことを考えずに素直に笑える作品が読みたいな。 『鯨が出てきた日』と表題作『脱線!たいむましん奇譚』が特に面白かった。タイムマシン<本妻号>のくだりはツボにはいってしまった(笑2013/11/19

タケミチ

2
流石のくだらなさ。あっという結末の「メグロの決死圏」、下ネタ全開の「日本ちんぼ※」が好きかな。2011/03/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12121

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。