講談社文庫<br> 「岩宿」の発見 - 幻の旧石器を求めて

電子版価格 ¥506
  • 電書あり

講談社文庫
「岩宿」の発見 - 幻の旧石器を求めて

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 209p
  • 商品コード 9784061340220
  • NDC分類 210.2
  • Cコード C0121

出版社内容情報

【内容紹介】
ひとつの土器片が、少年の目を黎明期時代に向けさせた。行商のかたわら赤城山麓周辺の遺跡を踏査し、遂に関東ローム層中の石器文化(岩宿文化)を発見、日本における旧石器文化研究の新分野を開拓した男の不屈の人間記録。1961年群馬県功労賞、1967年岩宿発見の功績により吉川英治賞受賞。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ムーミン2号

8
日本に旧石器時代があったことを証明した岩宿遺跡は、民間考古学者であった相沢忠洋氏によって発見され、明治大学とともに発掘してその存在が認められた。本書はその記録であると同時に、相沢さんの生い立ちから「岩宿」の発見にいたる軌跡が静かに語られている。随分つらい目に遭われているが、本書に悲壮感は感じられない。多分、相沢さんがオブラートに包みながら記しているためだろう。単に「岩宿」の発見というよりは、人間・相沢忠洋の発見の書であるように感じた。2020/07/08

あかつや

8
岩宿遺跡を発見し、それまで日本にはないと考えられてきた旧石器時代の存在を証明した著者の自伝。幼少期から遺跡の発見まで。この人はあくまで市井の人で、大学で学問を修めたわけではなく、行商で日々の暮らしを立てる傍ら時間を見つけてコツコツと積みあげていく。どの業界でも、こういう損得抜きで己の情熱を傾ける人がいるからこそ全体の水準が上がるんだよなあ。立派な人だ。遺跡の発掘についての部分も興味深いが、そこに至るまでの、特に幼少期の所が戦前・戦中の生活史として面白い。生き別れの母と再会する場面なんて実にドラマチックだ。2019/09/29

活字の旅遊人

6
前野ウルド氏に触発された再読第二弾。小学校の図書室で子ども向けの本を借りたんだった。考古学者になりたかった日々を思い出す。 かつての本にあったかは覚えていないけれど、相沢さんの幼少期からの苦労と、発見後のごたごたが、30年以上経過して再読したおじさんにはしみいってしまう。大人の世界はやっぱり純粋じゃないんだよな。 そして、まだ岩宿を訪ねていなかったことを思い出す。両毛線に乗ったときにも、忘れていた。まだ、やりたいことがあるよね、僕も。2020/11/22

うろん

6
岩宿遺跡の発見の話というより、相沢さんの人生のお話。2019/11/14

Takao

4
1973年1月15日発行(1980年8月15日、第12刷)。単行本の出版が1969年1月。50年前になる。高校時代の日本史の時間(1975年)に岩宿遺跡を発見した著者相沢忠洋の話・本書の話を聞いた記憶がある。購入したのは高校教員になった1980年頃。40年という長い時間があったのに、今になってやっと読むことができた。著者の子ども時代、行商をしながら発掘に勤しんだ青年時代、初めて聞く話ばかりだった。著者と鎌倉との関わりも知ることができた。1926年生まれの著者、1989年5月22日に72歳で亡くなっている。2021/11/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/362584

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。