ブルーバックス<br> 俳句の中の気象学―名句でつづる日本の四季

  • ポイントキャンペーン

ブルーバックス
俳句の中の気象学―名句でつづる日本の四季

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 267p
  • 商品コード 9784061326743
  • NDC分類 451.04

内容説明

立春、節分、彼岸、五月晴れ、梅雨、酷暑、台風、しぐれ、木枯し、初雪…。変化に富んだ日本の四季を彩るさまざまな気象現象や行事を、古今の俳人たちはどのようにとらえ、どのように句によみこんだか。長年、予報官として気象観測に取り組んできた著者が、芭蕉、蕪村の昔から現代俳句まで、220余の名句を素材に、現代気象学の立場から分析・解説する。俳句の鑑賞に新しい視点を提供するとともに、気象学の基礎が学べるユニークな本。

目次

1 春(春一番―春を呼ぶ日本海低気圧;花冷え―春たけなわの寒波)
2 夏(梅雨―梅雨も一つの季節;不快指数―むし暑い日本の夏)
3 秋(台風―台風と世界の熱帯低気圧;仲秋の名月―秋雨時期の満月)
4 冬(日本の雪―季節風で降る日本の豪雪;空っ風―冬の太平洋側の季節風)