講談社の創作絵本<br> ペッタン

個数:

講談社の創作絵本
ペッタン

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A4判/ページ数 1冊(ペ/高さ 27cm
  • 商品コード 9784061325449
  • NDC分類 E

内容説明

にっこり笑う、その手にキラリ。ツネキせんせいが「ペッタン」とちゅうしゃをしたら…。こどもたちはおかのうえをめざして、どんどんのぼっていきます。「いそげ、いそげ。」「おちゅうしゃ、おちゅうしゃ!」「オイラも!」「あたいも!」「オレも!」「あたしも!」「ぼくちんも!」こんなちゅうしゃ、してみたい。高部晴市がおくる、ふしぎで楽しい絵本。よみきかせ4歳ごろから、ひとりよみ6歳ごろから。

著者紹介

高部晴市[タカベセイイチ]
1950年生まれ。絵本作家、イラストレーター。2001年『やまのじぞうさん』(架空社)でブラティスラヴァ世界絵本原画展金のりんご賞、2010年『さかさことばのえほん』(文・小野恭靖 鈴木出版)で産経児童出版文化賞フジテレビ賞を受賞。東京イラストレーターズソサエティ(TIS)会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

学校にいきたくない、ふうが君。お医者さんのつねき先生に相談したら、注射をされて、どうなったかな? ふしぎでゆかいなお話。

学校に行きたくなくなった男の子が、お医者さんに相談しにいくと注射をされました。そうしたら……! ふしぎな注射が学校中を巻き込んでいく、ゆかいなお話。
著者は、独特の画風とユーモラスなお話で人気の高い、高部晴市さん。いつものレトロな雰囲気のガリ版画とはまた違った、ヴィヴィッドな着彩画で表現した絵本です。

【著者紹介】
1950年生まれ。絵本作家、イラストレーター。2001年『やまのじぞうさん』(架空社)でブラティスラヴァ世界絵本原画展金のりんご賞、2010年『さかさことばのえほん』(文・小野恭靖 鈴木出版)で産経児童出版文化賞フジテレビ賞を受賞。絵本に『きんぎょのかいすいよく』(フレーベル館)をはじめとした「きんぎょ」シリーズ、『うちのとうちゃん うちのねこ』(岩崎書店)、『サーカス』(講談社)、『ぼくのひよこ』(農山漁村文化協会)、『かわのじぞうさん』(架空社)、『ねこちゃんとゆきだるま』(アリス館)、『トロトロトローリ』(教育画劇)、『おひさん』(くもん出版)、『あんちゃん』(童心社)などがある。東京イラストレーターズソサエティ(TIS)会員。