講談社MOOK 小説現代特別編集 2019年5月号<br> 吉川賞特集

個数:

講談社MOOK 小説現代特別編集 2019年5月号
吉川賞特集

  • 価格 ¥990(本体¥900)
  • 講談社(2019/04発売)
  • ポイント 9pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年10月24日 13時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 435p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784060026590
  • NDC分類 905
  • Cコード C9493

出版社内容情報

五十年以上の歴史を誇る文学賞「吉川賞」。そのすべてを網羅し、歴代受賞者たちの最新小説、エッセイ、対談などが読めるお得な一冊!

月村了衛最新長編「悪の五輪」一挙掲載!
ぜんぶ読み切り・皆川博子、小池真理子、佐藤多佳子、宮内悠介
巻頭エッセイ・五木寛之、赤川次郎
吉川賞「同期」対談 伊集院静×大沢在昌
吉川四賞発表! 歴代受賞者・受賞作紹介 など

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Naoko Fukumi Fujita

1
二番目に好きな作家大沢在昌と伊集院静による吉川賞「同期」対談を目当てに購入。いつものA級、B級そして若人あきらのお話はマストです。その他印象に残ったもの:五木寛之・赤川次郎・西村京太郎・桜木紫乃・澤田瞳子・山本一力(一番好きな作家)・原田維夫 読み切りでは小池真理子(先の連載もしかり、老人と若い女性の話が好みなのか?)2019/07/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13619441

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。