介護のことになると親子はなぜすれ違うのか―ナッジでわかる親の本心

個数:
電子版価格
¥1,650
  • 電書あり

介護のことになると親子はなぜすれ違うのか―ナッジでわかる親の本心

  • ウェブストアに29冊在庫がございます。(2024年07月22日 22時13分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 176p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784058022436
  • NDC分類 369.26
  • Cコード C2077

出版社内容情報

現在、高齢社会における介護サービスの利用は、年々増加傾向にあります。

しかし、
「親は介護が必要な状態なのに、自分は大丈夫だと言う」
「介護サービスを利用したいのに、親が必要ないと嫌がる…」
「親が部屋を散らかしたまま生活している」など…。
実際、介護サービスにスムーズにつながらないケースも多くあるかと思います。
これは、著者3名の実体験でもあります。

著者は、
「ホンマでっか!?TV」でお馴染みのちくりん博士こと行動経済学者の竹林正樹さん
高齢者ケアを社会学的に考察する福祉社会学者の鍋山祥子さん
介護サービスを提供する起業家で看護師の神戸貴子さん の3名。

【要約】

親が高齢になり、「介護」を考えるとどんどん出てくる家族のお悩み――――
親子だから、家族だからこそのすれ違い――――

もう、悩まなくていいんです!
介護をラクにする相手に伝わるコミュニケーション術が親に効く!
行動経済学と福祉社会学、看護の専門家がそれぞれの家族介護経験と専門知識、
ノーベル経済学賞を受賞した「ナッジ(※1)」を用いてみなさまを解決へ導きます。

本書では、よくある家族の介護問題を抱える8家族の状況や
悩みを漫画と会話文で紹介しながら、相手が持っている
「認知バイアス(※2)」に当てはめてその心をのぞいていきます。

この相手が持つ「認知バイアス」に対して、
「ナッジ」を用いることで「ついそうしたくなる心理」をくすぐって、
直感的に望ましい行動をしたくなるようなコミュニケーション術や解説を掲載しています。

【目次】

プロローグ なぜ、この3人が集まったのか
序章 介護の悩み、ナッジで解決できるかも
第1章 もしかして認知症?怒りっぽくなった 母・絹江
第2章 「介護は女性の役目」と譲らず押し付ける 母・明子
第3章 「介護は家族がするもの」と支配欲が強い 母・洋子
第4章 要介護認定の調査員に自分をよく見せたい 父・章
第5章 プライドが高い引きこもりの 叔母・富江
第6章 ゴミ屋敷に住む買い物好きの 母・かよ
第7章 事故を起こしたことを忘れている?車に執着する 父・守
第8書 大切なものをすぐなくす金銭管理が難しい 父・肇
エピローグ 正解はないかもしれない、けれど
親の介護について知りたいあなたにおすすめ本

※1直訳すると「そっと後押しをする」「ひじでつつく」という意味の英語。
2017年にノーベル経済学賞を受賞したリチャード・セイラー博士が提唱した理論で、
「ついそうしたくなる心理」をくすぐって、直感的に望ましい行動をしたくなる仕掛けを指す。
※2人の脳が持つ、自分に都合よく、解釈を歪めてしまう習性。

内容説明

介護拒否、免許返納、家族介護など介護をラクにするコミュニケーション術。

目次

プロローグ なぜ、この3人が集まったのか
序章 介護の悩み、ナッジで解決できるかも
第1章 もしかして認知症?怒りっぽくなった母・絹江
第2章 「介護は女性の役目」と譲らず押しつける母・明子
第3章 「介護は家族がするもの」と支配欲が強い母・洋子
第4章 要介護認定の調査員に自分をよく見せたい父・昭
第5章 プライドが高い引きこもりの叔母・富江
第6章 ゴミ屋敷に住む買い物好きの母・かよ
第7章 事故を起こしたことを忘れている?車に執着する父・守
第8章 大切なものをすぐなくす金銭管理が難しい父・肇
エピローグ 正解はないかもしれない、けれど

著者等紹介

神戸貴子[カンベタカコ]
「わたしの看護師さん」代表。遠距離介護支援協会代表。看護師・ケアマネジャー。自ら親戚の介護を経験し、ビジネスケアラーを支えるための保険外介護サービス「わたしの看護師さん」を創業。ヤングケアラー支援事業も行う。全国商工会議所、女性起業家大賞、スタートアップ優秀賞女性のチャレンジ賞、内閣府大臣賞受賞など、国内外のメディアに多数出演

竹林正樹[タケバヤシマサキ]
青森大学客員教授。ナッジに関する英語論文発表、ナッジの魅力を津軽弁で語りかけるスタイルの講演、ナッジを用いたヘルスケアのコンサルティングなど、ナッジの研究と普及啓発を中心に活動。ナッジで受診促進を紹介したTEDxトークは、YouTubeで80万回以上再生

鍋山祥子[ナベヤマショウコ]
山口大学経済学部教授・ダイバーシティ推進担当副学長。ケア論やアイデンティティ論をベースに、ジェンダー視点を用いて誰も犠牲にならないケアの仕組みを考える「暮らしの社会学者」。遠距離介護についての研究を続けながら、同時に、持続可能な地域well‐beingのためのデジタル活用の可能性について研究中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。