歴史群像新書<br> 戦国繚乱記〈3〉最終血戦、信長の遺志を継承せよ!

電子版価格 ¥822
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

歴史群像新書
戦国繚乱記〈3〉最終血戦、信長の遺志を継承せよ!

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 236p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784054037700
  • NDC分類 913.6

内容説明

明智光秀の謀叛によって織田信長が葬られ、その光秀を討ち取った柴田勝家は、織田の後継となった信雄と対決し、命を落した。一方、真っ先に光秀とぶつかるも引き分けた羽柴秀吉は、宇喜多、毛利に加え、息子・信親が堺を占拠した長宗我部元親と手を組み、勢いに乗る信雄を降すことを決意する。徳川家康と同盟し、蒲生氏郷の采配で躍進する織田軍と、息を吹き返し、さらに勢力を拡大した羽柴軍との、天下を賭けた壮絶な戦いがついに幕を開けた!「本能寺の変」以降、多くの武将が時代の頂点を目指し、めまぐるしく展開した天下争奪合戦の結末は如何に。

著者紹介

河丸裕次郎[カワマルユウジロウ]
1969年、兵庫県生まれ。『御坊丸と弥九郎』で第12回歴史群像大賞奨励賞を受賞。『新織田戦記 壱~肆』(歴史群像新書)にて作家デビューを果たす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)