歴史群像新書<br> 真田勇軍記〈3〉最期の武略

電子版価格 ¥822
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

歴史群像新書
真田勇軍記〈3〉最期の武略

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 251p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784054037380
  • NDC分類 913.6

内容説明

幸村の軍略により、大坂城の豊臣秀頼を挙兵させ、加藤清正には西国一帯に動乱の波を起こすことに成功した反徳川勢。後藤又兵衛や塙団右衛門たちの活躍で、いったんは勝利を掌中にしたかに見えた大坂城側であったが、家康の仕掛けた奸計に秀頼・淀殿が陥れられ城の主要部分を破却される。その事後策を巡り、城内は混乱し愛想を尽かした又兵衛や御宿勘兵衛らは城を出る。外堀を埋められた大坂城は徳川勢の第三次攻撃で脆くも崩れ落ちる。ここに大坂・春の陣は徳川勢勝利で幕を下ろす。一方、黒田長政、田中忠政を打ち破った幸村・加藤勢は九州、西国を統一するが次の一手をあぐねていた。そこに“清正死す”を報せる使者が現われ、幸村に託された父の遺言の密書が開けられた。