歴史群像新書<br> 興国の楯―通商護衛機動艦隊 逆襲!戦艦ワシントン破壊作戦

電子版価格 ¥822
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

歴史群像新書
興国の楯―通商護衛機動艦隊 逆襲!戦艦ワシントン破壊作戦

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 219p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784054037328
  • NDC分類 913.6

内容説明

通商機動部隊の活躍により、作戦失敗を重ねた米英両国の動揺は、アジアの欧米植民地諸国に波及した。緊迫する植民地情勢を受け、イギリスは日本との単独調和を示唆。一方、アメリカは、膠着状況を一気に打開すべく、反攻作戦に着手。反撃の第一歩として、通商機動部隊が再利用化を急ぐ沈没戦艦ワシントンの完全破壊を目論む。その頃、ニューギニアでは、華族・磯野男爵がもたらした新たな忠誠度評価システム「陛下満足度」によって、日本陸海軍は一喜一憂の様相を呈していた。様々な情勢が錯綜する中、アメリカ軍特殊部隊がレーダーサイトを破壊!アメリカ軍攻勢の足音が南太平洋に響き渡る。

著者紹介

林譲治[ハヤシジョウジ]
1962年、北海道夕張郡長沼町生まれ。ナイキミサイル基地訴訟で揺れ、千歳基地が隣接するという環境で育ったため、幼少時より軍事や防衛問題に興味を抱く。上京後、戦略シミュレーションの原案などで活躍後、確かな歴史観に裏打ちされた架空戦記小説で人気を集める。2000年以降は、科学的アイデアと社会学的文明シミュレーションが融合した作品を次々に発表し、新時代ハードSFの旗手としても期待を集めている。宇宙作家クラブおよび日本SF作家クラブ会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)