• ポイントキャンペーン

学研新書
楽天が巨人に勝つ日―スポーツビジネス下克上

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 238p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784054037229
  • NDC分類 783.7

内容説明

プロ野球界のみならず、一つの社会的な事件だった―。二〇〇七年一〇月二日、読売ジャイアンツが、五年ぶりにレギュラーシーズンで優勝を決めた。ところが、その試合のテレビ放映がなかったのだ。従来、プロ野球は、ジャイアンツ戦を中心にしたテレビ放映権が、ビジネスの根幹だった。一方、テレビの全国放送が極めて少なかったにも関わらず、東北楽天ゴールデンイーグルスは、初年度から黒字だった。いったい何が、そうさせたのか?スポーツビジネスの裏側から、成功の法則が見えてくる―。

目次

第1章 旧体質が生み出す年間赤字数十億円
第2章 事業経営を徹底させた楽天
第3章 楽天イーグルスはディズニーランドを目指す
第4章 「地元密着」と「健全経営」という終わりなきゴール
第5章 五三億円という重荷を背負った船出
第6章 ホークスと違った形でチームを存続させた浦和レッズ
第7章 四国から野球界を変える
第8章 顧客のことを考えない「業界」への挑戦

著者紹介

田崎健太[タザキケンタ]
1968年、京都市生まれ。早稲田大学法学部卒業後、出版社に勤務。1999年退社。野球、サッカー、ハンドボールなどスポーツを中心に、雑誌、テレビ、ラジオなどで幅広く活躍するノンフィクション作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)