歴史群像新書<br> 天正虎狼伝〈3〉豊臣の終焉、新たなる天下

電子版価格 ¥822
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

歴史群像新書
天正虎狼伝〈3〉豊臣の終焉、新たなる天下

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 234p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784054037045
  • NDC分類 913.6

内容説明

天正十八年。徳川家康を討つべく大坂より出陣した豊臣秀長は、布陣先の清州で凶弾に斃れた。この機を逃すことなく徳川軍は豊臣の軍を駆逐。尾張より東をほぼ手中に収めた。一方、島津義弘も秀長死すの報を聞き、岡山から一気に大坂へと攻め寄せた。福島正則、仙石秀久らが善戦するも大坂城は落城。ここに豊臣の天下は終焉した。薩摩武士団を率いて西を押さえた島津義弘、三河武士団を率いて東を押さえた徳川家康。二人の戦巧者に絞られた天下の行方、果たして手に入れるのはどちらなのか!?圧巻のシリーズ完結編。

著者紹介

岡田成司[オカダセイジ]
1974年生、福岡県出身。福岡大学卒業後、地元テーマパーク、スペースワールドで臨時社員として数年間勤務。その後、作家に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)