歴史群像新書<br> 真田勇軍記〈2〉幸村、西海に決起す

電子版価格 ¥822
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

歴史群像新書
真田勇軍記〈2〉幸村、西海に決起す

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 241p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784054036475
  • NDC分類 913.6

内容説明

真田昌幸の策略により、己れが豊臣秀吉の嫡男であると確信した加藤清正は、豊臣清正と称して西国大名に領土を安堵するとの書状を送る。家康に味方し、攻め寄せる黒田長政・田中忠政の軍勢に対して、真田幸村は田原坂で迎え撃つべく、小細工とも取れる奇策を用意していた!一方、夜討ちによって本多政重を喪い、十七万の大軍にもかかわらず大坂城を攻めあぐんでいた家康は、伊達政宗を先陣に起て第二次大坂攻めを決行した。後藤又兵衛・塙団右衛門の奮戦により持ちこたえていた大坂方であったが、家康の陰謀により持ち込まれた講和の賛否で意見が分かれ、二万の軍勢が城を去る事態に―。果たして清正と幸村は西国を統一し、家康を討つことができるのか。

著者紹介

伊藤浩士[イトウヒロシ]
1956年、名古屋市生まれ。歴史研究会「城友クラブ」を主宰。俳句同人誌「遊魚」編集人。伝統俳句協会会員。『雉』で、第11回歴史群像大賞佳作受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)