• ポイントキャンペーン

科学でわかる料理のツボ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 175p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784054036413
  • NDC分類 596

内容説明

毎日の料理に役立つ実用的な情報を、科学の視点から楽しくやさしく解説。料理の基本についてのちょっとしたコツやワザはもちろん、料理そのものの味わいや食べる人の健康にも配慮して、食とその調理にまつわる不思議と科学を結びつけて説明している。

目次

下ごしらえ―手際よくおいしくするための知恵とコツ(お米はとがないで炊いちゃダメなの?;涙を流さずにたまねぎを切る方法 ほか)
調理―なるほど、こうすればいいのか!(食材と包丁の切っても切れない関係;おばあちゃんの知恵「さしすせそ」の科学 ほか)
健康と栄養―これだけわかれば大丈夫!(野菜と魚の食い合わせでガンになる?;焼き魚の焦げでガンになる? ほか)
保存と衛生管理―くさらせない、無駄にしない(食材の鮮度はどこで見分ける?;「賞味期限」と「消費期限」はどう違う? ほか)
味・おいしさ―知ると知らないでは大違い!(「おいしさ」ってそもそも何だろう?;うまみって何? ほか)

著者紹介

左巻健男[サマキタケオ]
1949年生まれ。千葉大学教育学部卒業、東京学芸大学大学院修士課程修了(物理化学、科学教育)。東京大学教育学部附属中等教育学校教諭、京都工芸繊維大学教授(アドミッションセンター)などを経て、同志社女子大学教授(現代社会学部現代こども学科)。中学理科・高校理科教科書編集委員(東京書籍)。理科好きな大人のための理科遊びの月刊雑誌RikaTan(星の環会)編集長

稲山ますみ[イナヤママスミ]
1961年生まれ。京都工芸繊維大学大学院工芸学研究科修士課程修了(視覚設計学専攻)。東京大学教育学部附属中等教育学校理科技能補佐員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)