歴史群像新書<br> 戦国武勇伝〈3〉王者、破れる

電子版価格 ¥822
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

歴史群像新書
戦国武勇伝〈3〉王者、破れる

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 222p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784054036109
  • NDC分類 913.6

内容説明

文禄2年、豊臣秀吉が暗殺されてから、再び天下は大乱の様相を呈していた。混乱する豊臣派諸将を尻目に、虎視眈々と天下を狙う徳川家康は、東北の雄、蒲生氏郷を暗殺し、その遺領を伊達政宗らに刈り取らせることで、豊臣派を牽制。その戦力を分散し、自らは大坂へ攻め上ろうと画策する。その中にあって、若き名将・立花宗茂は、家康の野望を挫くため、手勢を率いて海路越後へ急行。伊達らの進攻を静観していた猛将・上杉景勝を動かし、東北の動乱を沈静化することに成功する。だが、家康はひるまない。それどころか、謀略により豊臣派内部の結束を崩しつつ、持てる戦力すべてを投入して、一気に豊臣派を殲滅すべく、江戸を進発するのだった―。

著者紹介

百目鬼涼一郎[ドウメキリョウイチロウ]
62年、茨城県に生まれる。96年、『鉄甲舟異聞、木津川の波濤』で第6回少年ジャンプ小説大賞特別奨励賞を受賞。05年、『南朝の暁星、楠木正儀』で第11回歴史群像大賞佳作受賞。06年、『戦国武勇伝一 太閤、釜山に死す』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)