歴史群像新書<br> 戦国動乱〈3〉豊臣の命運

電子版価格 ¥822
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

歴史群像新書
戦国動乱〈3〉豊臣の命運

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 234p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784054036093
  • NDC分類 913.6

内容説明

徳川家康の策略により、豊臣・伊達の両軍は、設楽ヶ原で戦端を開いてしまう。戦闘は激化し、豊臣軍は痛手を被り、利あらずと近江へと退却、伊達軍も大きな損害を受けた。一方、徳川軍は両軍が疲弊したところを討つべく浜松城を出陣する。しかし、羽柴秀次の軍勢に阻まれこれを断念。そこで家康は伊達との同盟を画策する―。勢いに乗る伊達・徳川、起死回生を狙う豊臣、暗躍する真田、そして中立を貫く上杉―動乱の覇者がついに決まる!シリーズ完結編。

著者紹介

神尾秀[カミオシュウ]
1979年1月9日に生まれる。國學院大学卒業。2003年、『真田弾正忠幸隆』で第9回歴史群像大賞佳作を受賞する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)