学研新書<br> 四字熟語で読む日本史

電子版価格 ¥616
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

学研新書
四字熟語で読む日本史

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 231p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784054034785
  • NDC分類 210.6

内容説明

歴史の「流れ」を象徴する四字熟語を三つ並べ、このキーワードを把握することで、歴史が楽に頭に入ってきます。たとえば、「尊王攘夷・公武合体・武力討幕」という三つの熟語、これさえつかんでしまえば、あの複雑な幕末の政治思想史は、簡単に理解できてしまうのです!―「世界一受けたい授業」でおなじみの河合先生による、歴史を楽しく学べる一冊。

目次

第1章 幕末・維新(尊王攘夷・公武合体・武力討幕;治外法権・協定関税・貨幣改鋳 ほか)
第2章 明治時代(富国強兵・殖産興業・文明開化;秩禄処分・不平士族・西南戦争 ほか)
第3章 大正時代(閥族打破・憲政擁護・大正政変;世界大戦・大戦景気・協調外交 ほか)
第4章 昭和前期(戦後恐慌・震災手形・金融恐慌;世界恐慌;昭和恐慌・欠食児童 ほか)
第5章 戦後(民主主義・人間宣言・財閥解体;戦争放棄・逆コース・平和条約 ほか)

著者紹介

河合敦[カワイアツシ]
1965年、東京都生まれ。早稲田大学大学院修士課程修了(日本史専攻)。現在、高校教諭として日本史を教えるかたわら、執筆、テレビ出演など幅広い活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)