• ポイントキャンペーン

学研新書
芸者と遊び―日本的サロン文化の盛衰

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 217p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784054034594
  • NDC分類 384.9

内容説明

「粋」と「意気」が売り物。町のファッションリーダーであり、維新の志士や明治の文豪を魅了した、サロン文化の担い手、芸者の歴史を読み解く。

目次

第1部 江戸の芸者とその歴史(踊子から芸者へ;深川芸者の発生と実像;色を売ること売らないこと;幕末の芸者たち)
第2部 明治の芸者その栄華と終焉(祗園と柳橋;雑魚寝のこと;名妓たち;水揚げのこと;芸者遊びとは何か;日本的サロン文化)

著者紹介

田中優子[タナカユウコ]
1952年、神奈川県生まれ。法政大学社会学部教授、法政大学国際日本学インスティテュート(大学院)教授。専門は、近世(江戸)文学、アジア比較文化。法政大学大学院修了。芸術選奨文部大臣新人賞(『江戸の想像力』)、芸術選奨文部科学大臣賞・サントリー学芸賞(『江戸百夢』)受賞。2005年度、紫綬褒章受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

江戸の町娘から明治の元勲・文豪までが憧れた芸者は、芸と色で人々の集う花柳界を輝かせた。その歴史を通じ、今は滅び去った日本のサロン文化と美意識を問い直す。