• ポイントキャンペーン

歴史群像新書
異戦 大坂の陣〈1〉表裏比興の総大将

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 225p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784054032880
  • NDC分類 913.6

内容説明

徳川勢による大坂攻めを目前にして、九度山から一人の老将が旅立った。かつて2度にわたって家康の軍勢を敗走させた真田昌幸である。昌幸は己の死を装い、家康を油断させる一方、大坂からの要請を受けて、ひそかに城内に入った。昌幸に反発する者も大勢いたが、豊臣家の総師・秀頼の鶴の一声で、篭城戦の総大将に任じられる。慶長19年、家康の本格的な侵攻を受けて、昌幸は大坂城の出丸を増やし、防御型の城から攻撃型の城に造り替えた。20万近い徳川家康の軍勢に囲まれ、真田昌幸の過酷な戦いが始まる。

著者紹介

中里融司[ナカザトユウジ]
1957年、東京都生まれ。武蔵大学経済学部卒業。1996年、学研・歴史群像大賞優秀賞、メディアワークス・電撃ゲーム小説大賞銀賞をほぼ同時に受賞。以後、精力的に執筆活動を始める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)