ヒューマンノンフィクション<br> よかたい先生―水俣から世界を見続けた医師・原田正純

電子版価格 ¥1,425
  • 電書あり

ヒューマンノンフィクション
よかたい先生―水俣から世界を見続けた医師・原田正純

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 133p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784052038266
  • NDC分類 K493
  • Cコード C8393

出版社内容情報

「よかたい、よかたい」といって、立場のちがいを越えて、わかりあおうとした医師、原田正純先生からの未来へのメッセージ。

「公害の原点」と呼ばれる水俣病事件から50年もの間、患者の側に立ち続けた医師、原田正純。世界のあちこちで公害病の人たちを診察し、水俣から社会のひずみを訴え続けた。原発事故後の今、過去を知り、未来に活かすことの大切さを伝える。

【著者紹介】
絵本作家。著作に『じゃぶじゃぶパパ』(偕成社)など。水俣市立水俣病資料館を訪ねたことが契機で水俣病をテーマとする絵本の制作を決意。その後、取材を重ねて、『みなまたの木』(創英社)を刊行。

内容説明

「公害の原点」と呼ばれる水俣病事件から50年もの間、患者の側に立ち続けた医師原田正純。原田先生は世界のあちこちで公害病の人たちを診察し、水俣から社会のひずみを訴え続けました。過去を知り、未来に生かすことの大切さを伝える原田先生からの最後のメッセージ。

目次

第1章 医者になんかなりたくなかった
第2章 見てしまった責任
第3章 人よりもお金が大事なのか?―三つの公害・事件を追って
第4章 患者さんとともに生きる
第5章 世界のあちこちで起こる公害・事件
第6章 これからを生きるための水俣学
第7章 原田先生からのバトン

著者等紹介

三枝三七子[ミエダミナコ]
絵本作家。東京造形大学美術1類中退(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件