電撃文庫<br> ほうかごがかり〈3〉

個数:
電子版価格
¥770
  • 電書あり

電撃文庫
ほうかごがかり〈3〉

  • ウェブストアに9冊在庫がございます。(2024年05月30日 10時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 344p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784049152005
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

僕らの手には『それら』と戦う力はない。だけど。

二森啓は思っていたのだ。もう自分は、いつ死んでもいい存在だと。
だがもう、それは叶わなくなった――。
大事な仲間を立て続けに失い、悲しみと絶望感に覆われた『ほうかごがかり』。そんな時に啓が示した明確な意思をきっかけに、『太郎さん』は隠された事実を明らかにする――「七人目の『かかり』だよ」
どうやら前年から『かかり』でありながらも、ずっと役割を逃れている人物がいるという。それを知らされた啓たちは……。
「…………ほんとに、あれがやってたことを引き継ぐのか?」 
理不尽、そして怒り。追い込まれていく子供たちの、死を決した闘いの記録。鬼才が放つ恐怖と絶望が支配する“真夜中のメルヘン”第3巻。

内容説明

二森啓は思っていたのだ。もう自分は、いつ死んでもいい存在だと。だがもう、それは叶わなくなった―。大事な仲間を立て続けに失い、悲しみと絶望感に覆われた『ほうかごがかり』。そんな時に啓が示した明確な意思をきっかけに、『太郎さん』は隠された事実を明らかにする―「七人目の『かかり』だよ」どうやら前年から『かかり』でありながらも、ずっと役割を逃れている人物がいるという。それを知らされた啓たちは…。「…ほんとに、あれがやってたことを引き継ぐのか?」理不尽、そして怒り。追い込まれていく子供たちの、死を決した闘いの記録。鬼才が放つ恐怖と絶望が支配する“真夜中のメルヘン”第3巻。

著者等紹介

甲田学人[コウダガクト]
1977年1月生まれ。津山三十人殺しで有名な岡山県津山市出身。二松学舎大卒。デビュー以来メルヘン小説ばかりを書いて、四半世紀になろうかとしている小説家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

オセロ

44
突如知らされた惺の死亡。 親友の死に報いる為に全ての無名不思議に立ち向かうことを決めた啓と彼の熱意に当てられた菊に本気で襲いかかる無名不思。壮絶で絶望的な戦いの結末は流石に予想外すぎですよ… 2024/05/13

よっち

43
大事な仲間を立て続けに失い、悲しみと絶望感に覆われたほうかごがかり。啓が示した明確な意思をきっかけに、太郎さんは隠された事実を明らかにする 第3弾。太郎さんによって明かされる七人目のかかりの存在。前年からかかりでありながらも、ずっと役割を逃れていた人物と出会うことで明かされるかかりの回避方法と、啓に引き継がれる惺の想い。自分が死を軽く考えていたことに気付かされ、かかりを終わらせるために覚悟を決めた啓が直面する厳しい展開があって、絶望的な状況に追い込まれていく中で最後に救った意外な存在がまた効いていました。2024/05/12

椎名

18
ノンストップで恐怖と絶望を、使命とでも言うべき衝動を叩きつけてこられて一気に読んでしまった。最高。ここで完結してもおかしくない綺麗な一区切りだが、続刊が決まっているということで安心&非常に嬉しい気持ちに。特にラスト付近の〝神の世界〟は絶望の世界のはずなのに美しく澄み渡るような描写と恐ろしいほど端的にそれを表現した挿絵もあってゾクゾクさせられた。一巻から良かったが、啓の絵が完成させられていくようにイラストがどんどん進化しているように思える。面白かった。2024/05/12

シノミヤユウ

17
致命的に一方的な想いと、激烈な感情で情緒ぐちゃぐちゃになる…大切な相手のために命を賭す、強さと危うさに心をガツンと殴られました。少年少女のまっすぐな、痛切な感情が炸裂する瞬間に心を抉られる。これまでの、べろりと現実の皮を剥がされるような惨さに、蓄積してきた感情の爆弾が爆ぜる痛みが叩きつけられるような鮮烈な読み味。とはいえ第3巻はただの理不尽と絶望の物語ではなく、理不尽と絶望に抗う苦しみと怒り、そして培ってきた想いが遺る/想いを抱える物語だったのではないかな。この本を読めてよかったし、今後も楽しみです。2024/05/14

ほたる

14
絶望からその先へと進む。ゾワっとするような展開の連続に思わず目を背けたくなるが、しっかりと見届けなくてはいけない。それがきっと彼ら彼女らの存在の証明になるから。挿入された絵を見た途端に鳥肌が立ち、思わずページを捲る手が止まり先に進めなくなってしまった。2024/05/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21895533
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。