電撃文庫<br> ヘヴィーオブジェクト―人が人を滅ぼす日〈上〉

個数:
電子版価格
¥770
  • 電書あり

電撃文庫
ヘヴィーオブジェクト―人が人を滅ぼす日〈上〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月14日 14時51分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 376p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784049139976
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

 またしても懲罰的派兵でヤバすぎる戦場に飛ばされたクウェンサー&ヘイヴィアの馬鹿コンビ。任務は『情報同盟』軍が総力を結集して狙っている、罪もない天才少女の救出である。
 だが敵軍オブジェクトに追加された正体不明の兵装ゴーストチェンジャーは、かつてとある戦争国でエリートや司令官を含む整備基地の人員を殲滅し、数少ない生存者が「幽霊を見た」と震えて証言したオカルト兵器だという。
 なにより異常なのは、戦争犯罪者の再利用ということでスラッダー、ルイジアナ、アズライフィアというアブない面々を引き連れているこの事態!
 四大勢力の総意による陰謀が牙を剥く。近未来アクション、最終章前編!

内容説明

またしても懲罰的派兵でヤバすぎる戦場に飛ばされたクウェンサー&ヘイヴィアの馬鹿コンビ。任務は『情報同盟』軍が総力を結集して狙っている、罪もない天才少女の救出である。だが敵軍オブジェクトに追加された正体不明の兵装ゴーストチェンジャーは、かつてとある戦争国でエリートや司令官を含む整備基地の人員を殱滅し、数少ない生存者が「幽霊を見た」と震えて証言したオカルト兵器だという。なにより異常なのは、戦争犯罪者の再利用ということでスラッダー、ルイジアナ、アズライフィアというアブない面々を引き連れているこの事態!四大勢力の総意による陰謀が牙を剥く。近未来アクション、最終章前編!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みどり

4
いよいよ、次でラストかぁ。そう思うと感慨深いものがある。 二人のイケてないジャガイモ戦士たちの未熟な正義がいとおしいし、今「クリーンな戦争」が実は地球崩壊?と悩むお姫様が切ない。2021/09/12

Abercrombie

3
最終話の上巻。オブジェクトの巨体が地球の地盤に深刻な影響を与えているという提言を発端に始まる、『クリーンな戦争』の終焉と、世界全土を巻き込む『大戦』の開始。ほんとにオブジェクトが地球環境に大ダメージを与えているのかは、作者の煽りなんじゃないか?と思っているのだけど、オブジェクトに未来を賭けてきた、主人公をはじめとした主要人物たちにとっては他人事じゃない。はやく次巻を読まねば。2021/11/22

みやしん

3
地滑りやビル倒壊ならまだしも、金より比重の重いウルト○マンや怪獣がドタバタしてもなんの地殻変動は起きてないんだけどなあ。当シリーズは一人語りの多い鎌池作品の中でも特に「脱出ゲームとキャバクラのハイブリッド」だとやっと気づいた。芝居がかった台詞を吐く男キャラもいるがあくまで雑魚。主役達のセクハラ上等発言含めいつもの構造解析「✕✕な○○は△△で◇◇だから◎と■を▽すれば++に~」喋りを静聴する女性達[嬢]多し。2021/09/20

卓球療法士K

0
「人は自分の趣味と快楽のためならどんな努力でも成し遂げる生き物」 2024/05/12

kei

0
☆☆☆☆☆2023/04/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18459624
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。