電撃文庫<br> はたらく魔王さま!〈21〉

個数:
電子版価格 ¥803
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

電撃文庫
はたらく魔王さま!〈21〉

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2022年08月13日 01時04分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 449p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784049126785
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

魔王城を打ち上げ、エンテ・イスラでの人間同士の争いも治めた魔王たち。残すは天界で神討ちに挑むのみ―だったのだが、その前にやるべきことがあった。魔王と勇者はじめ、一同が正装で向かったのは、千穂の自宅、佐々木家だった。千穂の父と会い、日本にやってきた当時のケジメをつけた魔王。しかし頂点会議から続く体調不良で、日常生活にも影響が出ていた。決戦を前に、見かねた恵美は魔王を心配するのだが―?最後まで格好つけられない魔王たちを待ち受ける、天界の真実とは。神討ちは成るのか。成ったとして日本での生活はどうなるのか―フリーター魔王さまと元テレアポ勇者の長い戦いもついに決着、庶民派ファンタジー、感動の完結!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

こも 零細企業営業

39
はたらく魔王さま完結。彼方の世界では恐怖の代名詞のようにに恐れられてる魔王様。会社の経営者になり、娘の養育費を払い、色々な人から助け、助けられる青年になって地球で暮らすか、、、めでたし、めでたし。2020/08/09

よっち

28
魔王城を打ち上げ、エンテ・イスラでの人間同士の争いも治めた魔王たち。天界で神討ちに挑む前に魔王と勇者はじめ一同が心残りを決着をつけるべく正装する第二十二弾。神討ちの後日譚的内容と、神討ちに向かう前日譚が交互に描かれてゆく構成で、肝心の神討ちはあれほど引っ張った割にはあっさりで拍子抜けでしたけど、つまるところ魔王を巡る人間関係の決着と魔王のその後の人生が焦点だったということですかね。確かに想像できないという意味では納得の結末でしたけど、これでこの先どうなるのかはやっぱり気になりました。次回作も期待してます。2020/08/09

あなほりふくろう

19
最終巻。エピローグとしてはもう大満足の大団円で良かったには良かったんだけど、1冊の構成にどうしても不満が。神討ちは神討ちでもっと紙幅を使って、エピローグはエピローグではっきり構成を分けて描いて欲しかった。物語が笹塚での日常に軸足を置いたのは最後までブレなかったけど、だからといって物語全体をきちんと〆るのにサミットから神討ちの盛り上がりをしっかり描けなかったのはもったいなく、そのあたり最後まで苦手なままだったなあ、と残念に思った。ともあれ、完走お疲れさまでした。2020/08/13

Mu@芒羊會

17
400ページ越えの堂々の最終巻。大団円なのだけどすこし思ってたのとは違った。神撃ちの決着はついたけど華々しくも感動的でもなかったなあ。まあ物語の構成としてその後のお話が先にわかってしまっていたので緊張感もなかったしね。言わばこれはちーちゃん完全勝利!の結末だ。彼女の願った「好きな人たちとずっと一緒に暮らせる日々」が実現したと言う意味で大団円にふさわしい。それにしてもチーちゃんはどこまでも大物だなあ。第二夫人以下容認発言とか、どこの大名の賢夫人なんだか^^10年間お疲れ様でした。素敵なお話をありがとう2020/09/02

CCC

16
ちゃんとまとめた。その一言に尽きる。いろいろ思うところはあるけれど、なにはともあれお疲れさま。そう言っておくしかないという気持ちです。2021/06/07

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16303479

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。