電撃文庫<br> 数字で救う!弱小国家〈4〉平和でいられる確率を求めよ。ただし大戦争は必須であるものとする。

個数:
電子版価格 ¥715
  • 電書あり

電撃文庫
数字で救う!弱小国家〈4〉平和でいられる確率を求めよ。ただし大戦争は必須であるものとする。

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年09月26日 22時12分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 328p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784049126716
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

「この国を、新たな世代に繋ぐために」。ナオキとソアラは《大戦》に臨む!

内容説明

紆余曲折の果てに、契りを結んだソアラとナオキ。女王となったソアラは一児の母となり、そしてナオキは王配(女王の夫)としてソアラを助けつつ、宰相としての職務を日々こなしていた。なぜかちゃっかり宮廷女官長兼ナオキの愛人(女王陛下公認)におさまっているテレンティアが、しっかりナオキとの子を作っていたりするが、それはさておき、弱小国ファヴェールは平和であった。―そのはずだったのだが。ファヴェールが所属する国家同盟と、他の諸国連合の関係が悪化。史上最大規模の、『国家連合同士の大戦』が迫る。次なる世代に国の未来を繋ぐため、ソアラとナオキは、新たな戦いに臨む!!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

むっきゅー

38
待望の第4巻は、前巻から5年後。王女ソアラと元皇女テレンティアの間に、それぞれ1ずつ子供ができた宰相ナオキ。世の中は、二大宗教派閥が争う多国間戦争の時代で、同盟国の要請を受けて新たな戦争を始めることとなった、ソアラとナオキ率いるファベール王国。宗教戦争+第一次大戦みたいだな。2巻で敗戦を喫した騎馬大国ピエルフシュ共和国に宣戦布告するか、ナオキのセリフ回しがヤン・ウェンリー化してきたな。楽して勝つために戦略を駆使するとか。そして、敵サイドにも「魔術師」と呼ばれる戦略家の存在が示唆され、次巻への期待大です。2019/07/20

トンちゃん

37
ナオキとソアラが結婚してからやく5年後のお話。ヒロインが子供産んでる珍しい設定なのはいいんだけど、サブヒロイン的位置にいた子が愛人設定になってて、その娘との間にも子供が出来ていることがショックでした。 なんか、中世異世界物とはいえ節度はないのかと… 主人公は成長していて宰相っぽく重みのあるキャラになってました。今作は珍しく他国に攻め入るお話。そこでの戦術に数学が駆使されていて、戦略好きな人には面白く読める1冊だと思います。 トゥーナも成長していて、いつの間にか14歳。相変わらず天才です笑2020/05/07

まるぼろ

33
前巻から5年、ナオトも二児の父親となった世界で今度は宗教対立を背景とした連合国家同士が大戦争を繰り広げる事になる中でファヴェール王国の採った選択は…と言うお話です。前半のツナちゃんの監査のパートではまだ戦争の影が見えてこなかった所から中盤以降のピエルフシュ侵攻と大きく話が動きましたが、戦術思想の違いがモロに出た戦争だったなという印象を受けました。他にはドグは真面目で良い子な印象ですが、この先彼が報われる日が来るのかどうかと言う所も気になったりでした…w しかし次巻、さらなる大戦争の予感が…、気になります。2020/03/06

MERLI

32
まず第4巻が出た事に驚きです、前巻までで物語としては十分大団円を迎えられたと思っていたのですが…。何はともあれこれは僥倖、あれから年月が経った世界、ナオキやソアラ達がどのような姿に変貌したか。楽しみながらこの4巻は読ませて頂きました。しかしラノベ主人公が妻子持ちねぇ…まず見ないシチュエーションだなぁ。2019/07/17

まっさん

29
★★★ 前巻で大円団を迎えたのでそこからどう話を広げていくのかなと期待して読み始めた今巻。序盤から一国対一国ではなく、同盟を結んだ複数の国々が争う流れを予感させる展開が始まる。そこから軽い小話を挟んで今巻の軸となる話が始まっていく。前回苦渋を舐めさせられた国との戦争が始まるが、正直今巻に至ってはこれまでのようなハラハラする展開は繰り広げられず、どちらかというと次巻のための下地を作っているという印象を受けた。その分次巻はかなり過酷な展開が始まりそうなので、このまま一気に読み進めていきたいと思う。人間→2020/05/21

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14005778

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。