電撃文庫<br> 青春ブタ野郎はランドセルガールの夢を見ない

個数:
電子版価格 ¥671
  • 電書あり

電撃文庫
青春ブタ野郎はランドセルガールの夢を見ない

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年12月02日 23時08分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 287p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784049120172
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

2018年10月TVアニメ『青ブタ』放送開始!! シリーズ第9弾! 三月に入って、三学期も残り1ヶ月。いよいよ迎えた麻衣の卒業式当日。
「おじさん、だぁれ」
 七里ヶ浜の海岸で麻衣を待っていた咲太の目の前に、子役時代の麻衣にそっくりな小学生が現れて!?
 一方、花楓の一件以来、別々に暮らしていた咲太の父親から電話が……。
「母さんのことなんだが、花楓に会いたいと言っててな」
 それは、花楓に起きた出来事を受け止めきれず、長いこと入院していた母親から届いた「会いたい」という願い……。
 家族の絆、新たなる思春期症候群の前触れ――急展開をみせるシリーズ第9弾!

鴨志田 一[カモシダ ハジメ]
著・文・その他

溝口 ケージ[ミゾグチ ケージ]
イラスト

内容説明

三月に入って、三学期も残り1ヶ月。いよいよ迎えた麻衣の卒業式当日。「おじさん、だぁれ」七里ヶ浜の海岸で麻衣を待っていた咲太の目の前に、子役時代の麻衣にそっくりな小学生が現れて!?一方、花楓の一件以来、別々に暮らしていた咲太の父親から電話が…。「母さんのことなんだが、花楓に会いたいと言っててな」それは、花楓に起きた出来事を受け止めきれず、長いこと入院していた母親から届いた「会いたい」という願い…。家族の絆、新たなる思春期症候群の前触れ―急展開をみせるシリーズ第9弾!

著者等紹介

鴨志田一[カモシダハジメ]
1978年4月11日誕生。神奈川県出身(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

寂しがり屋の狼さん

87
青ブタシリーズ9作目💓ランドセルを背負った小さな麻衣さんが出てきたけど…今回は咲太君のお話しでした。親離れをする、大人になる…咲太君の場合…それは望んでした事ではなくて、環境がそうさせた事。いくら家事が出来るようになっても、母親が要らなくなった訳ではないし、離れて暮らしていても親子であることは変えられないよ(*^^*)2020/04/05

ponpon

76
シリーズ9巻。咲太自身の物語。母親の容態が回復し花楓とともに再会することに。母娘ともに感動の再会だったはずだが、咲太は世界から疎外されていった。案内役の麻衣に似た女の子に導かれるままパラレルワールドに赴くわけですが、咲太は自分を見つめ直し、決断を・・。子供だった時代に別れを告げて大人になっていく涙腺崩壊の物語。咲太はよく頑張ったと思いますし、優しく包み込む麻衣さんも素敵です。時間は一気に進み咲太も無事に大学へ。初日から波乱の予感を漂わせつつ物語は続くようです。でも、なんで市大?2018/12/11

よっち

62
三月に入って、三学期も残り1ヶ月。いよいよ迎えた麻衣の卒業式当日。七里ヶ浜の海岸で麻衣を待っていた咲太の目の前に、子役時代の麻衣にそっくりな小学生が現れる第二部第二弾。翔子さんとのことを乗り越えて、ついに花楓と向き合うことを決心した母親との感動の再会。そんな中で咲太が気づいてしまった残酷な現実と再び直面する思春期症候群。咲太に優しい理想の世界を提示されても、支えてくれる麻衣さんの存在があって、きちんと現実に向き合おうとする咲太がカッコ良かったです。それにしても大学生編に突入する次巻の展開が気になりますね。2018/10/10

まりも

56
子役時代の麻衣にそっくりな女の子との出会いと母親との再会。これまでとこれからを繋ぐ第2部第2弾。やっぱり咲太ってスゴイなぁ。咲太の強さ、そして2年間離れていた家族との関係、麻衣との未来。それらを描いたとても素敵で胸に響くお話だった。妹を守る為これまで一生懸命頑張っていた咲太。彼の心の強さを改めて実感し、ますます咲太の事が好きになった。こんなにすごい奴なかなかいないよ。麻衣も胸に秘めた心の内を語り、より強固な絆で結ばれた2人。咲太と麻衣ならきっと素敵な家族になれるだろうな。これから始まる大学生編が楽しみだ。2018/10/10

かんけー

42
読了♪今回の夢先案内人?のランドセルガール麻衣さん(^.^)カラー口絵のモノローグ「麻衣さんがいるだけで、幸せを感じられる。~」そう、この一年間咲太は最愛の彼女、最高の友人後輩、そして矢張最愛の妹(言葉にしない意味のw)と共に過ごして(⌒‐⌒)成る程、読了した後だからこそ分かるこの意味合い♪又しても?周りから認識されない咲太登場でどうなるのか?ただ予想出来たのは、そう成った咲太を見付けてくれるのは「彼女」だけだとピ~ンと来た(笑)ま、今迄の流れで このシリーズ追いかけてる読者ならね♪ネタばれ書かないが、→2020/10/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13136595

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。