電撃文庫<br> 乃木坂春香の秘密〈16〉

個数:
電子版価格 ¥671
  • 電書あり

電撃文庫
乃木坂春香の秘密〈16〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月17日 08時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 383p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784048866262
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

容姿端麗で才色兼備、『白銀の星屑』の二つ名を持ち、ファンクラブの会員数も三桁を超す、まさに深窓のお嬢様という言葉がぴったりの学園のアイドル、乃木坂春香。そんな彼女の秘密を知ってしまったあの日以来、裕人の平凡な学園生活は終わりを告げ、ある意味奇妙な彼女との関係が始まったのだった。これは、様々な障害を乗り越え、晴れて互いの想いを伝え合った二人の後日談。それぞれの家を行き来する春香と裕人のらぶらぶ新生活、裕人の両親への初ご挨拶ドジっ子話、美夏の想い爆発のマル秘作戦や椎菜のその後、メイド隊序列二位の謎が明らかになる過去話。そして―!?ついに最終幕を迎える、お嬢様のシークレット・ラブコメ。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

中性色

19
最終巻。ふと思ったことは、1巻ラストのバラシは結局やらずに終わったのかよ!って事だったり。後日談的内容で、ある意味ここまで読んできた人たちへのご褒美といったところか。春香も可愛かったけど、やっぱ個人的には美夏の方がいいかなと(何がだ)。シャツをくんかくんかしようとしてる挿絵とか、違う意味でごちそうさまです。ただ、全体的にはそれこそ「桃の蜂蜜漬け」のようなあまあま系の内容でした(ちなみに、料理の元ネタとは全く関係はありません)2014/06/03

昼沢異世界

16
★☆☆☆☆ シリーズ読破。気力と根性の勝利、ってな心象だね…。もしくは、試合に負けて、勝負に勝ったってな読了感。ともかく、作品に関する感想じゃなくて、ここまで「読み進めた」末にようようゴールにたどり着いた事象に付随する「感情」を、思うが儘に書きなぐってみたかったりする…。作者も読者もほっんとにお疲れさま。皮肉とかじゃないけど、この「読了感」は、他の作品においては、決して味わえるものじゃないと思う…。それから、最終巻まで付き合ってくれた読者に対するしゃあさんからのご褒美は、湯あみをする春香のトップレス(ry2014/02/03

た〜

14
ちびっこメイドさんの10年後はモデル体型メイドさんか―(しみじみ)閑話休題。後日談(ドタバタえろえろ)プラス新婦両親の馴れ初め・・・時代に起こったメイド序列2位の秘密。2017/12/17

いかずち

12
基本的にエピローグを描いた、乃木坂春香完結巻。「夫婦」とか連呼して、今までの巻よりもさらに小っ恥ずかしい感じに仕上がっている。今までの話の内容を補完するような内容もあって、ここまで追いかけてきた読者には嬉しい仕掛けだ。…が、美夏ちゃんの出番が少なくて非常に悲しかった(仕方ないのだけれど)。オススメ度:★★★☆☆2012/07/13

Mu@芒羊會

8
シリーズ最終巻。前巻のフィナーレをうけての後日談なので、ようやく裕人の鈍感さにイライラせずに読むことができたよ(笑)10年後の話なんかまあお約束だな。しかし、二人に子供がなんて、信じられない。だって二人ともあまりに奥手だし大丈夫だったのか?(爆)連載開始から8年。最後までよく読んだと自分を褒めてあげたい(笑)お疲れさま。2012/11/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5217951

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。