さみしさサヨナラ会議

個数:

さみしさサヨナラ会議

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 278p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784048850889
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

「さみしさ」ってどこから来て、これをどうしたらいいんですか?ベストセラー『考えない練習』の小池龍之介と評論家宮崎哲弥が2人でコッソリ話し合いました。

目次

序章 孤独を受け入れて力に変換する(小池龍之介)
第1章 孤独ってそもそもなんだ?
第2章 さみしいのって現代病ですか?
第3章 さみしさって必要なんですか?
終章 小池龍之介さんのこと(宮崎哲弥)

著者紹介

小池龍之介[コイケリュウノスケ]
1978年生まれ、山口県出身。月読寺住職、正現寺住職。東京大学教養学部卒。2003年、ウェブサイト「家出空間」を立ち上げる。03年から07年まで、お寺とカフェの機能を兼ね備えた「iede cafe」を展開。現在は「正現寺」(山口県)と「月読寺」(東京・世田谷)を往復しながら、自身の修行と一般向けに瞑想指導を続けている

宮崎哲弥[ミヤザキテツヤ]
1962年生まれ。福岡県出身。評論家。慶応義塾大学文学部社会学科卒。90年代に入って執筆活動を開始。テレビ、ラジオ、論壇誌を舞台に生命倫理から政治哲学、仏教論、サブカルチャー分析を主軸とした評論活動を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)