映画館へは、麻布十番から都電に乗って。

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 413p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784048850803
  • NDC分類 778.04
  • Cコード C0095

内容説明

69歳になっても映画漬け。映画をこよなく愛する男の映画体験記。

目次

第1章 度が過ぎた映画館通い―中学・高校時代(13歳、一人で通った有楽座;麻布十番という町の映画館 ほか)
第2章 映画漬け―大学時代(映画研究会で出会った短編映画;学生映画連盟、60年安保そして留年 ほか)
第3章 “当たり外れ”と興行界―劇場&興行部時代(池袋東宝勤務で知る“現場”;おしゃれなスカラ座勤務。「風と共に去りぬ」と札止め ほか)
第4章 わが有楽座に悔いなし―東宝映画と映画調整部(松岡副社長(当時)の号令で製作の世界に
「連合艦隊」と「発信人は死者」そして「地震列島」 ほか)

著者紹介

高井英幸[タカイヒデユキ]
1941年東京都生まれ。立教大学卒業後、1964年東宝に入社、興行部へ。最初の11年は、有楽座、スカラ座、日比谷映画など映画館に勤務。その後、東宝映画の製作現場へ。1983年から映画調整部で企画、編成の仕事に従事。2002年より、東宝代表取締役社長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)