太宰治と歩く文学散歩

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 101p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784048850513
  • NDC分類 910.268
  • Cコード C0095

内容説明

作品の舞台や各所の文学碑、仕事場跡地、太宰が立ち寄った思い出の場所など、ゆかり地を巡るそぞろ歩き…写真や地図はもちろん、時代ごと、地域ごとの特色が手に取るようにわかる画期的な構成と文章が、太宰ワールドの扉を開く。太宰が見た、触れた、感じた世界とは?入門者から骨太のファンまで、太宰治の人物像と作品世界の理解が深まる一冊。

目次

津軽(五所川原市金木町;青森市;弘前市;外ヶ浜町;深浦町;中泊町小泊)
河口湖・甲府
大宮
三鷹

著者紹介

木村綾子[キムラアヤコ]
1980年7月19日静岡県生まれ。明治大学政治経済学部卒業後、中央大学大学院にて文学修士課程修了。文学修士号取得。雑誌の読者モデルを経て、2005年よりタレント活動を始める一方、評論・小説・エッセイなど文筆業も幅広く行う。太宰治関連のテレビ番組やイベントにも出演し、2009年からは「太宰治検定」実行委員に参加(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)