中卒の組立工、NYの億万長者になる。

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 231p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784048850469
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0095

内容説明

長野県の工場で汗まみれになって働いた中卒入社の組立工が、アメリカに渡り、誰もが羨む資産家に成り上がる。噂では、資産総額は100億円に上るという。そんな「夢物語」が本当にありうるのだろうか。ありうるとするなら、一体どうすれば実現できるのか。これから始まるのは、大根田勝美という人物の波瀾に満ちた人生のドラマだ。それは、現代日本人が渇望してやまない「成功をつかむための法則」であり、「誰でも億万長者になれる究極の教え」に他ならない。

目次

第1章 ビジネスのタネは道端にあり(真っ赤に染まった東京の空;こおろぎでもバッタでも食べる ほか)
第2章 チャンスの神様の前髪をつかめ(運命の出会い;「チャンスの神様」 ほか)
第3章 群れの中のエリートより一匹狼になれ(エリートコースからの逸脱;綱渡りのアメリカ再入国 ほか)
第4章 会社を「売る」ことこそ最大のビジネス(「オリンパスに勝ちますか?商売やめますか?」;バーテンダーをセールスマンにスカウト ほか)

著者等紹介

大根田勝美[オオネダカツミ]
1937年、東京生まれ。戦時中は長野県に疎開。中学卒業後、組立工としてオリンパスに入社。独学で英語を猛勉強し、組立工出身としては初の海外駐在員に抜擢される。ニューヨークで内視鏡ビジネスの基礎を作るも、学歴が低いため出世できないことに失望し、フリーの営業マンへの道を選択する。そして歩合給により億単位の収入を得る。しかし、成功への嫉妬から歩合を下げられるなどすると、これに怒り、オリンパスのライバルとなる会社を設立。顧客の支持を受け、成功を収める。同時に、ユダヤ人のビジネスパートナーと組み、ベンチャービジネスに乗り出す。医療機器関連の最新技術を製品化する会社の立ち上げをサポートし、事業が軌道に乗ったところで売却するという手法を繰り返し、巨額の資産を築いた。2006年に引退(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

中卒の組立工として社会に出た著者は、猛烈な努力で米国駐在員に抜擢され、セールスマンとして大成功を収める。その後、十社以上の会社を起業、億万長者となる。スーパービジネスマンが初めて明かす成功の秘密。