告白的恋愛論

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 197p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784048850360
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

恋して、愛して、学んだ!失敗と挫折、そしてめくるめく歓喜。著者の体験を通して語られる、赤裸々な恋愛論。『阿寒に果つ』『ひとひらの雪』『化粧』『失楽園』etc。名作の裏には、実在の女性がいた。

目次

1 純子の章―ふりまわされた恋
2 姉妹の章―初めて知った愛の妖しさ
3 澄子の章―自殺未遂の女
4 千景の章―性の自信を取り戻す
5 真由美の章―強すぎる女への戸惑い
6 裕子の章―逃げられて追いかけて
7 貴子の章―自らの美学に生きる
8 お市の章―ほかすには惜しいから
9 久美子の章―性愛にかけた愛

著者紹介

渡辺淳一[ワタナベジュンイチ]
1933年北海道生まれ。医学博士。70年『光と影』で直木賞を受賞。80年に『遠き落日』で吉川英治文学賞を、2003年には菊池寛賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

高校時代の著者をふりまわした初恋の純子。愛の妖しさを初めて教えてくれた美代子と佐代子姉妹。性の自信を取り戻してくれた千景。破滅へとエスカレートしてゆく久美子との愛・・・。