• ポイントキャンペーン

わが人生の歌がたり―昭和の追憶

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 224p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784048850292
  • NDC分類 767.8
  • Cコード C0095

内容説明

つらい時、悲しい時、私は歌を歌って生きてきた。こんな時代だからこそ昭和歌謡を聴きたい。個性的な歌い手が次々と登場した、昭和40~50年代。作家として多忙を極め旺盛に執筆したころ、時代もまた多くの歌謡曲を生んだ。

目次

第1章 作家五木寛之、誕生のころの歌(作家への階段を登り始めて;受賞後、おしよせる原稿依頼の波 ほか)
第2章 熱い政治の季節の歌(『青春の門』と『ブルーライトヨコハマ』;『青年は荒野をめざす』で作詞に挑戦 ほか)
第3章 京都の閑居で聴いた歌(メディアから距離を置いた休筆期;高度成長の裏に漂う寂寞たる思い ほか)
第4章 全力疾走の時代の歌(よみがえった小説『凍河』;高度経済成長に取り残された庶民の哀感 ほか)
第5章 躁の時代の歌(時代のシンボル、ピンク・レディー;異国情緒と懐古調 ほか)

著者紹介

五木寛之[イツキヒロユキ]
1932年、福岡県に生まれる。47年、朝鮮より引揚げ。早稲田大学文学部露文科中退。66年、『さらばモスクワ愚連隊』で小説現代新人賞、『蒼ざめた馬を見よ』で第56回直木賞受賞。『青春の門 筑豊篇』で吉川英治文学賞をうける。ニューヨークで発売された、英文版『TARIKI』は大きな反響を呼び、2001年度「Book of the Year」(スピリチュアル部門)に選ばれた。02年度第50回菊池寛賞を受賞。1981年より休筆、京都の龍谷大学において仏教史を学ぶが、85年より執筆を再開(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)