読まず嫌い。

個数:
  • ポイントキャンペーン

読まず嫌い。

  • 提携先に2冊在庫がございます(2017年12月14日 15時47分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 230p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784048850278
  • NDC分類 902.3
  • Cコード C0095

内容説明

秘められた未知の悦楽は、「学校では教えてくれないこと」ばかり…筋金入りの読まず嫌いが改心するまでを描いた、或る文学者の告白。

目次

はじめに 余は如何にして読まず嫌いとなりし乎。
名作―読んだことはないけど、気になる。
物語―度の強い「嘘つきメガネ」。
学校―麗しく理不尽な学園小説。
恋愛―ロマンスは読むものか、するものか。
犯罪―『モルグ街の殺人』はほんとうに元祖ミステリなのか?
恐怖―ホラーを論じて「心」の問題に及ぶ。
歴史―世界がお前をこづき回すなら。
ふたたび物語―読まれることで、世界は変わる。
文学全集―意味の接着剤。
文庫本―身の丈一〇五ミリの、青春のお供。
好き嫌い―「わかる」と「おもしろい」
読書―あるいは独房を出て外の暗闇を歩くこと。

著者紹介

千野帽子[チノボウシ]
パリ第4大学ソルボンヌ校に学び、博士課程修了。2004年から休日のみ文筆業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件