ママが遺したいのちのレシピ―娘・はなへ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 111p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784048742313
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

出版社内容情報

ありがとね、ムスメ。あなたのお陰でママは人生何倍も得してるよ。

がんを患った母は決めた。私がいなくなっても幼い娘が困らないように、一人で家事が出来るよう育てることに余命を使おうと――。最期のときまで希望を失わず、家族への愛に命を尽くした母の記録。

内容説明

25歳の夏、乳がんの告知を受けました。28歳の春、小さないのちを授かりました。いま、ムスメは5歳。33歳の私は、乳がん歴8年のお母さん。家族を愛し、愛され、前向きに生き抜いた女性のラストメッセージが、残された家族の今を見守り、包み込む―感動のノンフィクション。

目次

ママの日記から(生まれて来ること;明日;親が子に遺せるもの ほか)
はなちゃんの日記から(おいのり;パパとはな;はなのしごと ほか)
ママの「いのちのレシピ」から(玄米ごはん;野菜のおかず;スープとおやつ ほか)
ママとの約束(安武はな)

著者等紹介

安武千恵[ヤスタケチエ]
1975年生まれ、長崎県出身。福岡教育大学大学院声楽科を修了後、北九州市の明治学園小学校に音楽教諭として勤務。がんと闘いながらも心豊かに子育てをする日々を綴ったブログが人気サイトに。料理研究家、タカコ・ナカムラ氏に師事し、タカコ・ナカムラWhole Foodスクール福岡校の開校に尽力し、初代事務局長となる。2008年33歳、永眠

安武はな[ヤスタケハナ]
2003年生まれ、福岡県出身。玄米和食の給食で知られる福岡市の高取保育園を卒園。12年4月から福岡市立草ケ江小学校4年生(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。