• ポイントキャンペーン

自殺同盟軍

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 251p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784048736473
  • NDC分類 913.6

内容説明

中学生の頃から、映画などで人が殺されるシーンを見るたびに、「あー、ちきしょう、いいなあ、うらやましいなあ」と漠然と思っていた―「なあ、ケイスケ、人間、ほっといてもいつかは死ぬんだ。わざわざ自分から死ぬことはないんじゃないか」生きる意味を見いだせないナギハラケイスケは友人に頼まれて、老人介護施設で働き始める。そこで出会った運命の女「ちなっつぁん」(37)、彼女もまた死を望んでいた。そして、2人は「自殺を有効活用するための会」=『自殺同盟軍』を結成する。集まったのは、オジサン2人、鬱病の男子大学生、中学生の美少女、『自殺同盟軍』は6名で活動を開始する―。生きる理由はあるのか!?注目の新鋭、長編第二作。

著者紹介

鈴木剛介[スズキゴウスケ]
上智大学文学部哲学科卒業。卒業後、外資系広告代理店「レオ・バーネット協同」でメディアプランナーとして勤務後、プロボクサーを志し、築地中央卸売市場「遠北商店」に転職するも、顎関節骨折によりボクサーの道を断念。特別養護老人ホームの介護員となるが、精神病を発病し入院。退院後リハビリのためカナダに渡り、乗馬クラブのマッカー(馬のウンコ掃除人)としてボランティア活動を行う。帰国後新風舎より『THE ANSWER』を自費共同出版(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)