メディアワークス文庫<br> 探偵・日暮旅人の忘れ物

個数:
電子版価格 ¥627
  • 電書あり

メディアワークス文庫
探偵・日暮旅人の忘れ物

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月24日 02時42分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 287p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784048707275
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

音、匂い、味、感触、温度、重さ、痛み―。目に見えないモノを“視る”ことができる探偵・日暮旅人は、名字の違う美しい娘・百代灯衣と共に暮らしながら、探し物専門の探偵事務所を営んでいる。そんな旅人を『アニキ』と慕う青年ユキジは、旅人の“過去”を探していた。なぜ旅人は視覚以外の感覚を失ってしまったのか―。旅人とユキジの出会いを描く『雪の道』、旅人の秘められた過去に迫る『夢のぬくもり』ほか全5編を収録した、シリーズ第3弾。

著者等紹介

山口幸三郎[ヤマグチコウザブロウ]
1983年5月生まれ。第15回電撃小説大賞・選考委員奨励賞を受賞。翌年、受賞作『神のまにまに!』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

papako

75
続いて。だんだんと旅人の過去とドラッグが関係することがはっきりしてきて、旅人の過去の記憶の顔もできてきた。テロリストの爆弾屋と旅人やテイのやりとりがちょっと愉快。笑っちゃダメだけど。ユキジと旅人の出会いもあり、そこにもドラッグの影が。旅人は白石と対面する。どうなる?2019/01/28

itoko♪

69
シリーズ第3弾。雪路の過去や家族背景、灯衣との出会い、そして旅人の真の目的…。何も知らない陽子も、旅人の表情から何かを感じとり始めたけれど、旅人の支えにはまだなれないのかな。続けて次巻を読みます。2016/12/17

風里

65
だんだんと濃く苦くなってきた。 過去が現れれば現れるほど人間臭さがよく視える。 旅人の気持ちのたどり着くところが気になる。2013/06/02

nayu

51
温かい話は最初だけで、あとは暗い話だった。ユキジの過去の話、ユキジと旅人の出会いの話。これはちょっと微妙だった。まだまだ旅人のことは分からない。次でラスト。非常に楽しみです。2012/07/04

45
雪路自身のご家庭の事情や雪路と旅人の出会い、テイとの同居の経緯など、時系列を行きつ戻りつしながらどんどん明らかになるシリーズ3作目。前半は表面的には平常運行。でもその裏で着々と旅人の計略進行中?あの出会いすらも仕組んだもの…?自分の探し物を見つけ出した旅人が何をしようとしているのか。「僕がいなくなることで誰も傷つかなければいいんだけれど」その傷付けたくないって感情は、歯止めにはならないのかな…そう思うと悲しくなります。次で一応ここまでの事にケリが付くらしいけど、本当?2017/01/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4015575

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。