電撃文庫<br> 乃木坂春香の秘密〈14〉

個数:
電子版価格 ¥605
  • 電書あり

電撃文庫
乃木坂春香の秘密〈14〉

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 279p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784048705943
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

容姿端麗で才色兼備、『白銀の星屑』という二つ名まで持つ超お嬢様、乃木坂春香。彼女に対するもやもやした気持ちのまま、二人きりで過ごしたスウィートルームでのアニバーサリーな一夜。ベッドの上で見つめ合う中、確信していく自分の心の内側。そう、俺は春香のことが好きなのだ―。そして三年生になって新学期が始まった。春香ともより親密になれた気がするし、彼女も少しずつ前向きになろうとしていた。そんな折に春香から飛び出したのは“二人のこども”発言。様々な想いや過去を解放するため、二人で共同作業に挑むことにした矢先、事件は起き―。クライマックス直前、二人の結末は。

著者等紹介

五十嵐雄策[イガラシユウサク]
第4回電撃hp短編小説賞最優秀賞を受賞し、文庫デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Makos

8
二人の仲は一歩進んで数歩後退?基本的に最近ずっとイチャイチャしてたのでそこまで変わらない気もするけど。過去の清算もあって、いいとこのお嬢様定番の展開になりそうで、って感じになかなか話が進みましたな。次かその次で終わる感じですが楽しみに待ってます。2011/07/24

雨ヨ@感想後まわし;

7
まあ正直オタク属性のお嬢様なんて発売当初は珍しかったかもしれんが今ではゴロゴロ居るしな。だからここらで趣味についての偏見をどうにかしたかったのかも。てかあのゲームは信長あってだろ!春香も基本スペックが高いとはいえ…。んで最後。そーゆーことなら最初から近づけさせないとおもうんだが。2011/11/25

よっち

5
裕人がついに告白しましたが、ここまで来るのにちょっと時間掛かりすぎですね(苦笑)ここまで引っ張った割には、重要なシーンがあっさりしてたように思えたのは、多分気のせい。

ちゅねこ

5
ようやく完結…が、見えてきた。それにしても、時間の流れがはやくなってきた。作中時間で2年目突入した、てのもあるけど。しかしここに来て新キャラだと?! あと、珍しくパロネタが多め。次巻は俺の予想では、しばらく姿を見せていなかった冬華がキーになりそうな気がする。2011/09/28

かぜやまごろろ

5
なんというか、この椎菜さんの空気っぷりがかつてのヒロイン対抗馬とは思えないです。2011/08/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3846307

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。